読売ランド前駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

読売ランド前駅とは、小田急小田原線に存在する駅である。所在地は神奈川県川崎市多摩区西生田。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「読売ランド前駅」の項目を執筆しています。

歴史[編集]

もともと読売ランド前駅は、西生田駅として開業し、1964年よみうりランドが開業したと同時に改称し読売ランド前駅となった。 だが実際はよみうりランドにいくためには大きな山をひとつ越えなければ辿り着くことができず、バスでさえも20分かかる。そのため新宿からよみうりランドに行くためには慶応京王電鉄の「京王よみうりランド」駅に行くのがもっとも便利だと思われる。なぜよみうりランドがあることをアピールしたのかは誰にもわからなかった。 京王よみうりランドに偽造品として扱われている。 地味に近くに廃線跡(旧小田原線跡)があり、鉄道教信者が調査に訪れることがある。

また、ナベツネジャイアンツ教信者になりたてのものがよみうりランド内の二軍本拠地・ジャイアンツ球場に行こうとして迷うことがある。

この駅の困ったところ。[編集]

なぜか「よみうりランド」が「読売ランド」になっている。
「読売ランド」という施設は本当は存在しない。漢字だとペンで書くときに面倒くさい。
日本女子大の生徒によって改札が占拠される
この駅の近くに日本女子大の西生田キャンパスがあり、日本女子大附属(特に定期テスト後)の生徒がいっせいに殴りかかると改札に進入できなくなる。勃起者が発生する原因でもある。そのため全国の女子大ファンの間では女子大生に自然に触れられる場として有名である。と思うだろうが、各停に乗り過ごすまいとする山奥育ちの中高生のダッシュの勢いはご想像にお任せする。
準急が停車することに気づかない
本来、読売ランド前駅にはすべての準急、区間準急が停車するが、停車駅と気づかずにスルーしてしまう客が後を絶たない。あまりに地味に停車するため、部活などで利用する際は顧問ですらも気づかずに損をする場合がある。同様の現象が隣の生田、百合丘でも起こることがある。

黒歴史[編集]

過去に準急にスルーされた悲しい過去を持つ。あとなぜか通勤準急がよみうりランドへの輸送のために休日のみ停車したが、需要については(ry

関連項目[編集]



Gomen.jpg この「読売ランド前駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)