調子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

調子(ちょうし)とは、時代、国や地域、人種、宗教の区別なく誰もが乗りたがる乗り物のことである。主に十代の若者が乗ることが多い。

動力、仕組み[編集]

代表的な調子

動力源は、人の魂が過剰に発熱、それを外部へ発散した時のエネルギーである。これは精神エネルギーの一種とされており、この方面に詳しい荒木飛呂彦氏によれば『おそらくスタンドエネルギーか、それに非常に近いもの』だという。実際、精神的に安定してくるとこの「調子」に乗ってしまう者はだんだんと減少する傾向にあることから、『暴走した精神エネルギーが顕在化したものである』というのが現在の学会では定説となっているようだ。いつ、調子に乗るかははっきりとはしないが、本人が気がつかぬ間にエンジン全開で乗り回していることは多々ある。そうなってしまった場合、無理に止めようとすると余計に暴走してしまう可能性があるので、調子から操縦者を降ろすには、周りの人間による粘り強い説得が必要になるだろう。

道路交通法による規定[編集]

現在の道路交通法ではこの「調子」を規制する法律・条例は存在しない。そのため、調子に乗れば路肩を走ることも可能だし、逆走も可能である。また、車に乗りながら調子にも乗る、電車の中でも調子にも乗る、といったように、二重乗車も可能である。だが、例えば車の操縦者が調子も操縦する、となると大変危険な状況になるので、調子に乗っている場合、その他の乗り物の運転・操縦は控えたほうがいい。ただ単に助手席に乗っているだけとかならまだ安全である。

過去に調子に乗ったことのある人物[編集]

のび太
ドラえもんの道具を手にしたとき、よく乗る。そうなってしまうともはや誰にも止められない。もっとも、彼の場合はすぐに自滅するが…
ベジータ
「スーパーベジータ」というのが彼の愛車。同じく、すぐにやられる。んですぐ悟空に助けてもらう…
カツオ
イテテ! 姉さん!
ムスカ
目がぁ! 目がぁ!

無自覚[編集]

ただ本人には往々にして自覚がない場合が多く、15の夜にバイクを盗んだり新世界になろうとしたりするが、結局は周りの人間に多大な迷惑をかけた上に失敗してしまう。もっとも、成功したとしても結局同じだったような気がするが…どうやら、調子の操縦に気を取られてよく考える余裕がなくなってしまったのだろう。

この項目「調子」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「調子」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。