警視庁

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

警視庁(けいしちょう、Metropolitan Police Department, MPD)は、東京に存在する国家公認暴力団であり、桜田門組の上位機関である。そこらへんの県警などとはレベルの違う装備と人材を有している。国家公安委員会とは敵対している。しかし、そのトップである警視総監をはじめとする高級幹部の椅子は、国家公安委員会の下部組織である警察庁採用の警察官(しかも国家公務員Ⅰ種採用のキャリア)をお招きするために用意されたものであるというのは、ノンキャリアの警察官にとっては空しく気の毒なことではあるが、公知の事実である。

警視庁

組織概要[編集]

カツ丼食って自白するか?それともここで廃人になるか?

巨大暴力団である警視庁の存在目的は東京から犯罪を無くす事にある。この暴力組織の前では、犯罪者はその犯した罪にかかわらず等しく無価値であり、信号無視だろうが万引きだろうが全て重要参考人として任意同行という名目で拉致監禁される。監禁場所は取調室などと呼ばれ、そこで犯罪者は目の前でライトをカッとかざされ、白状するまでカツ丼を食べさせられる。このカツ丼には当然の事ながら自白剤が混ぜられており、犯罪者の意識が朦朧としてきた頃を見計らって、警察官は耳元で「そろそろ青森は雪解けかなあ」などとささやきながらある調書にサインを迫るのである。この調書にサインする事は「私は犯人です」と認める事と同義であり、警視庁の悪友である検察庁からオートで死刑が求刑される仕組みになっている。

本拠地は桜田門組と同じく皇居の前に立っているが、これは「東京中に睨みをきかす」という意味であると同時に「政治家だろうが官僚だろうが犯罪者は容赦なく捕まえるぞ。そりゃ圧力はあるかもしれんが、うちの若いもんは反骨精神ばかり無駄に強くての気が多いからのぉ」という強烈なメッセージでもある。警視庁に起訴を取り止めさせるには、法外な値段の違反金を支払わなければならない(でも金持ちは大抵払って無罪放免となる)。

皇居周辺で行われている警視庁総出のシートベルト、速度超過等のネズミ取りが近々、世界一一生懸命にやっているということでギネスブックにも載るという噂がたっている。

組織のモットーは「黙れ、俺がルールだ!!」。

組織[編集]

頭脳労働者[編集]

警視庁のトップは警視総監である。また、高級官僚と呼ばれる幹部グループを「キャリア」と呼ぶ。

警視庁特命係の杉下右京警部や捜査一課の古畑任三郎警部補がこのタイプに当たる。 警視監の室井慎次はキャリア組から外れそうだ。

肉体労働者[編集]

いわゆるノンキャリアと言われる連中ばかりがひしめき合っている。パンチやキックで犯罪に立ち向かう。そのため、暇なときは署内の柔道場や剣道場で遊んだり、後輩をいじめたり虐待したりしている。

代表的なのは西部警察である。ショットガンをぶっ放し、街中でド派手なカースタントを繰り返し、違法捜査もなんのその、という極めて酷いアウトロー組織として有名で、実際彼らが担当した事件は、ほぼ全てが重火器と極端な違法改造車と爆薬によって極めて暴力的・破壊的に解決(虐殺)された。その捜査手腕たるや、FBIの捜査官から「政府軍と反政府軍が常に紛争を繰り返しており、異様に治安が悪くレイプ麻薬が隣り合わせのような国の兵士でも、ここまで酷いことはしない」と批判されたほど悪質である。この連中に目をつけられて、殴る蹴るの暴行だけで済んだ場合は幸運である。


人情労働者[編集]

「人情は無限に使える捜査協力費用」を合言葉に捜査を実行する警察官。なぜかよくはぐれたり、さすらったりしている。とても情熱的で、旅情に胸を打たれたりもする。


外部組織[編集]

そのほか、警視庁は外部にも様々な人材を抱え、秘密捜査官として雇っている。浅見光彦のようにどこにでもいそうな風貌の人物で、その多くは家政婦やフリーターや事件記者などの仮の姿に身をやつし、一般社会に潜入しては内部調査を目的として行動している。

その他普通の警察官[編集]

その他の普通に働く警察官であり、警察組織上層部の命令には絶対服従の忠実な飼い犬。上から命じられるままに、交通違反を取り締まったり、拾得物の管理をしたり、道を教えたり、成果のない職務質問をしたり、なんだかよくわからない書類を作成させられたりしている。

近年は「俺たちだって警察官なんだ! テレビに出て目立ちたい!」という要望に答えて「○○二十四時!」みたいな特番が組まれる。そこでは、酔っ払いに絡まれたり、ひき逃げ現場に這いつくばって捜査していたり、ヤンキー珍走団を追いかけたりと縦横無尽に活躍する姿が放映される。

関連項目[編集]