谷塚駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

谷塚駅(やつかえき)とは、東武鉄道東武スカイツリーラインに存在する下の方の駅である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「谷塚駅」の項目を執筆しています。

概要[編集]

谷塚駅は1925年という大正時代から存在していた[1]。名前から察していただけると思われるが、谷塚なんていう位、この駅は低いのである。つまり東武鉄道は一種のマーキングとしてこの駅を開業させた。そのため比例して乗降客数も底をついているかと言われると、実は全体で35位にランクインしており、それなりに大きい駅である。ただ、多くの各駅停車は手前の竹ノ塚で折り返してしまうことが多いため、不遇の駅とも呼ばれている。

環境[編集]

となりの竹ノ塚駅と名前こそ似てはいるが、実際この駅は浅草を起点としたとき初めて田舎に踏み込む駅である。この駅は草加市に入るため、バスも何もかも行先は草加方面ばかりという形なのである。埼玉県という名目があるからなのだろうか、この駅は比較的早くユニバーサルデザインという固定価値観の押し付けを図ったことも特筆すべき点といえよう。そして何より、この駅は名目通り低いのである。埼玉県で一番海抜の低い駅とされているが、それは大嘘である。本当は弥富駅をも驚かせる海抜-156mなのである。もっとも内陸のため災害の危険性はないものの、今も地域の住民からは「早く嵩上げをするべきだ」という声が出ているんだとか。

使用状況[編集]

前述のとおり、この駅は東武鉄道内35位を誇る意外と凄い駅としても有名である。だがしかし、この駅は草加駅にとても近いという難点も存在する。どころか、竹ノ塚駅のほうが沢山の始発列車が到着するため、谷塚を利用する住民は指をくわえて各駅停車を待たないといけない苦痛があるのだ。なお、この駅は一面四線という開放的な構造である。そのため鉄道ファンにとっては撮影に便利でもある一方、風ばかりふくので帽子が飛ばされそうになることもしばしばなのである。

脚注[編集]

  1. ^ なおとなりの竹ノ塚駅は明治、草加駅も開業時の駅として最古の駅のため、それほど凄いわけでもない

関連項目[編集]


Gomen.jpg この「谷塚駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)