豊田おいでんまつり

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「豊田おいでんまつり」の項目を執筆しています。

豊田おいでんまつり(とよたおいでんまつり)とは、豊安京で行われる壮絶なマスゲームであり、テーマ曲「おいでん」は大豊田連邦の連邦歌でもある。

このイベントは毎年7月の最終週土日に行われ、日曜日は花火大会で、トヨタマークが打ち上げられるなど洗脳に近いが、その他は語らんでもいいだろう。

本稿では、土曜日に豊安京中心街を封鎖して行う総踊りについて記載する。

「テーマ曲」兼「連邦歌」[編集]

曲名は「おいでん」と言う三河語で、日本語の「おいで」に当たる。

しかしその歌詞の裏側には、これが血で血を洗う祭であると共に「トヨタ自動車に刃向かったら痛い目に会う」とのメッセージも隠されている。

以下に、一番の歌詞とその訳を記載する。


Jasrac.jpg
JASRAC届出済
この項目に使用されている楽曲は、JASRACにより管理されています。

アンサイクロペディアでこの警告は分不相応かも知れませんが正真正銘の警告となります。
無断で使用した場合、著作権法により処罰の対象となりますのでご注意ください。
踊れよ心から溢れる熱いビートに乗って
  →踊れ…心臓の鼓動に合わせて吹き出る血を吹き出しながら。

未来を信じる誰もが目と目でかわす言葉
  →トヨタ自動車を信じれば誰だって使えるテレパシー。

愛してる緑の山、愛してる矢作の流れ
  →周りを山に囲まれた盆地でも矢作川があるから良いじゃないか。

だからtonight明日に向かって…だからtonight走る道
  →この道を行けば、どうなるものか。危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし。

おいでん、見りん、踊ろまい(×3)
  →来て、見て、踊れ!!(×3)

明日になればみんな友達
  →逆に来なければ、明日からお前はハバだ。

様々な仮想の風景[編集]

おいでんまつりと言えば、連邦歌に合わせて踊るだけ…と言えば大間違いである。ここでは、年々派手さが増しているコスプレ(って言うか仮装)について記載する。

仮装新人[編集]

世界一の自動車メーカー・トヨタ自動車。憧れて入社したり、成り下がって同じ豊安京内の下請けメーカーに入る人も多い。

しかし豊安京内の会社に入ると、入社年に半強制的に豊田おいでんまつりへ参加させる会社が多い。

ちなみに踊りの練習は遅くとも一週間前にはスタート。勤務時間外だが、大半の会社は「教育手当」扱いになるから、さほど心配する事は無い。

仮装電車[編集]

企業や学校などの団体参加者は、予め着替えてから団体バスに乗って会場近くまで向かう。

では一般参加者はと言えば、名古屋鉄道愛知環状鉄道に、仮装して乗って来る。2~3人どころじゃない…派手な群れだけで、昼間っから満員電車になる。

正直、あの情景は怖い。知らずに乗った人は、どう視線を向ければ良いのか分からんだろう。

妖怪、現る[編集]

何らかの怨霊かどうかは未だ不明だが、総踊り直後の深夜、豊安京周辺には妖怪が現れると言う噂が絶えない。

暗い田舎道を歩いていると、派手な衣装を纏い、隈取りの様に崩れまくった派手な化粧の妖怪だ。

しかも目撃証言は多く、結構広範囲で見掛けられると言う。中には5~6体で歩いていたり、足をふら付かせていたり、「おいでん」を歌いながら踊っていたとの証言もある。

関連項目[編集]