責任野党

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
せきにん野党

責任野党(せきにんやとう)とは、安倍晋三が2006年に提言した、責任(責任)を新たな漢字として認める野党勢力のことで책임は漢字でないとする党や自民と二強時代だと騒ぐ党などは含まれない。

概要[編集]

2014年に支持率50%を超え、安定した政権運営をしてきた安倍晋三首相は1月24日の施政方針演説で「責任野党とは政策協議を行っていく」と発言し自身が1度目に首相を務めた際に提言した新たな漢字「責任」を常用漢字とすることを議論することとする方針を明らかにした。

12年12月に第二次安倍内閣が誕生してから老害代表の党や分裂した党などは常用漢字の改正や漢字の単独変更を認める意思を明らかにしており、今回の方針はこういった党などと責任の常用漢字化の議論を行っていくという考えのもとで発言された。その直後には教科書の中で「竹島は日本固有の領土」という記載を入れる方針を決めるなど、教育の内容を変更する段階の一つと考えられる。

また、この2党とは経済政策秘密裏に行われる議論どん底からの復活政策などをともに行う準与党のような立場にある。

この発言を受けて一時統合の議論があったみんなの党と日本維新の会では再び会話を再開し、民主党、共産党、社民党、生活の党は「そんな漢字が認められるわけがない」と発言の取り消しなどを求めている。しかし、キムチ教会エセ偽善学会が野党を消そうと意気込んでいる。

責任野党の党[編集]

含まれる党[編集]

含まれない党[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「責任野党」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。


この項目「責任野党」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)