貯金

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

貯金とは、マネー(金)をチャージ(貯める)すること。

自分の理想の金額まで貯められる確率は低く、全くもって意味の無い行為である。

目的[編集]

主に、現時点で必要のないお金を様々な手法で保存しておくもの。

将来時点に必要なお金を確保するため、現在あるお金を保管しておくことで確実に確保することができる。

将来時点でお金が必要となるケース[編集]

例えば以下のようなケースが挙げられる。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

貯金の方法[編集]

おすすめできる方法[編集]

一番簡単な方法。ただし、その貯金箱が盗まれないように注意しなくてはならない。自宅に警備員がいるときは注意したほうがいい。
これも一般的な方法。この場合は、預けた期間によって利子が付くという特典がある。しかし、頻繁にATMで引き落とすと、ATM代金で損をすることもあるので注意する。
  • に投資する
売買せず、ずっと持っていれば、ある意味貯金と同じ。株主特典があったり、場合によっては、株価が高くなって、売ったときに大儲けできる可能性もある。ただし、ただの紙切れになる場合もあるので、かなり注意されたし。

おすすめできない方法[編集]

絶対にやめるべき。中途払戻不可能な100年定期に無理矢理預けさせられるからだ。一度預けたら最後、絶対に戻ってこない。
お金を入れれば、暖かい心が貯金されます」等々の理由で貯金するように言われるが、やめなさい。それはお布施と言います。絶対に戻ってきません。
この項目「貯金」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)