貯金箱

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

貯金箱(ちょきんばこ)は、硬貨を主食とする、の姿をした家畜。愛玩用のペットとして飼育する人もいる。硬貨をたらふく腹に蓄えて重量感を増した貯金箱は漬物石や殺傷の為の鈍器としても利用できる。蓄えた栄養に応じて鳴き声が変化する特性を持っており、多くの銭を蓄えた貯金箱は大河の流れのような鳴き声を発する。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「貯金箱」の項目を執筆しています。

概要[編集]

この家畜は、主に釣銭などで余りに余った一円玉、五円玉、十円玉などの処理のために使役される。このような小額の小銭は、得てして管理が乱雑になり紛失してしまいやすい。それを解消してくれるのが貯金箱なのである。庭先に生えた雑草を駆除してくれるように、用途のない小銭を収納してくれる便利さから、多くの人々に愛用されている。

貯金箱は、牛や豚の外見をしているものが多いが、実際の牛や豚とは異なり、食物を背中にある特殊な消化管から嚥下する。この消化管の入口は不純物が誤って入らないように、小銭しか通らないような構造になっている。もちろん、紙幣も食べないわけではないのだが、あまり飼い主は与えたがらない傾向にある。また、貯金箱は他の家畜とは異なり、餓死する心配がない。気が向いた時に小銭を与えればよいのである。

貯金箱の破壊[編集]

硬貨の収納、貯蓄を目的とした家畜であるため、貯金箱には食べた硬貨を消化する器官は存在しないが、一方で排泄する肛門も存在しない。そのため投入した硬貨を取り出すには、貯金箱を屠殺するしかないのである。貯金箱を殺害する前に、自分の愛らしい牛や豚を殺してまで中の硬貨が必要か、また屠殺に対して得られる対価がどれほどか、よく吟味した上で判断して欲しい。深く考えずに殺害すると、貯金箱を犬死にさせてしまいかねない。

貯金箱の自爆[編集]

貯金箱の腹もブラックホールのように底なしと言うわけではない。容量が限界に達した貯金箱が破裂、爆発すると言う事件が何件か発生している。近年では、貯金箱の自爆や、貯蓄された硬貨を取り出すために貯金箱を破壊しなければならない必然性を回避するために、尻の部分に取り出し口、つまりアスホールが備わった貯金箱も品種改良により作られている。だがこれに対しては貯金箱の存在意義が失われてしまうという批判もある。

関連項目[編集]