バウンティハンター

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
賞金稼ぎから転送)
移動先: 案内検索

バウンティハンター(Bounty hunter)は超法規的な取り立てを行う職業。別名賞金稼ぎ。

さて、そろそろ転職するか。

バウンティハンター制度[編集]

アメリカ[編集]

アメリカでは保釈保証業者の立て替えにより被疑者は釈放されるが、支払いをせず逃亡する者が極めて多い。通常、被疑者のほとんどは支払い能力がないので、身体で支払ってもらう必要がある。バウンティハンターは業者から依頼を受け、逃亡者を確保、引き渡し代金を支払わせることで報酬を得る。被疑者には業者が高額な生命保険をかけているので、生死は問われないことも多い。業者は死体がないと保険金を落とすことができないので、バウンティハンターに依頼する。その際できるだけ損傷は少なくする(特に臓器、眼球)という条件が課せられることもある。

バウンティハンターは己の判断で逃亡者を生け捕りにするか、殺すかを決める。被害者遺族からの報酬の方が高額な場合、業者に引き渡さずに被害者に引き渡すこともある。特に性犯罪者は再犯を繰り返す確率が高いため、殺すことが多い。性犯罪を繰り返す外道を殺し、親知らずを引っこ抜いて記念品としたハンターも実在する。

イギリス[編集]

イギリスでは元モデルドミノ・ハーヴェイがバウンティハンターであったため認知率が高く、人気の職業の1つとなっている。ただし、ヌンチャクを多様する、浴槽内で薬物を過剰摂取して自殺するといった独自のトレンドを持っている。

日本[編集]

日本のバウンティハンター制度は2007年4月1日から設けられた。しかし、成功報酬を受け取ったハンターは未だに存在しない。賞金が最高1000万円と少なく依頼に真剣に取り組むハンターがいない、依頼者が支払いを渋り「感謝状」という紙一枚で済まされることが多い、発生後6ヶ月以上経過してから発表されるため被疑者は逃亡・潜伏を完了させてしまっており捕獲が困難であることが問題となっている。それでも日本にはバウンティハンター、賞金稼ぎの肩書きを持つ女性が多い。

バウンティハンターになるには[編集]

アメリカでの資格[編集]

アメリカでは被疑者が強力に抵抗する可能性があるため、ハンターに高い能力が求められる。

  • 38口径の拳銃弾を受けても死なない
  • スタンガンに60秒以上耐える
  • 日本刀に素手で立ち向かえるだけの気合

イギリスでの資格[編集]

  • 英字新聞が読めること
  • 薬物乱用者も可能

日本での転職[編集]

日本では特に資格は必要なく、二次転職として選択する者が多い。

著名なハンター[編集]

  • ドミノ・ハーヴェイ - 故美人バウンティハンター(イギリス)
  • ヒカル - 日本人バウンティハンター(日本)
  • マイク・エイジャックス - 性犯罪者はナイフで殺す正義のバウンティハンター(アメリカ)
  • ヨーコ・リットナー - 謎の女賞金稼ぎ(?)
  • サムス・アラン - クラゲやスライムや翼竜にらめぇされるのが仕事
  • 名護啓介数少ない日本のバウンティハンター報酬は金ではなくボタンだ。彼の雄姿は仮面ライダーキバ

関連[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バウンティハンター」の項目を執筆しています。