赤方偏移

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
赤方偏移(せきほうへんい)とは、思想的に中立であった人物が、ある日突如として左翼化し、思想的に赤色に偏ってしまうことを言う。
マルクス・レーニン主義の起こりまでその発生時期は遡ることができる。太平洋戦争末期、満州にて捕虜となった大量の日本兵がシベリア送りにされ、赤化教育を受けたことでその一部が赤方偏移となった。赤方偏移は宇宙全体が左傾化している証拠と考えられていた。このまま宇宙はプロレタリア独裁を経て、共産主義社会に到達するとされていたが、ソ連崩壊で赤色思想が衰退した現代では稀な現象となりつつある。赤方偏移にとって代わったのは、金融ビッグバンインフレーション宇宙論といった資本主義的宇宙論である。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「赤方偏移」の項目を執筆しています。
Alberteinsteintongue.jpg 赤方偏移は執筆者が光速に近い速さで書いたため、ローレンツ収縮により短くなっていますもっとゆっくり書いてくださる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)