赤潮

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「赤潮」の項目を執筆しています。

赤潮(あかしお)とは生理のことである。そう考えることで臭い理由も納得がいく。そう、なる海と言う様に海は女陰によく似ている。だが、単なる生理ではない。赤潮は生きている。一見して死を齎す以外ないかと思われる赤潮だが、彼らもまた海の子供たちの一員であり、その体は野菜から出来ている。なぜそんなことが言えるのかというと、赤潮の発生原因は栄養満点の下水を垂れ流すことにあり、その下水の主成分はもちろん元は野菜だったのである。特にアメリカでは野菜の消費量が急増し、赤潮の発生が激しくなってきている。

赤潮を構成する野菜の中で特に有名なものが夜光虫である。植物とかいって葉緑体がないので虫である。でも野菜。世の中にはこんな木津千里に消してもらうべき輩がたっぷりいる,ていうかそんな奴の方が多い。彼らもまた夜になればキラキラと輝きながら悪臭を放つので夜の海でイチャイチャするカップルの雰囲気をぶっ壊すにはうってつけの野菜である。

また、赤潮は野菜であると同時に妖怪の性質を持っている。赤潮の中にはその生活環の中で野菜になったり妖怪になったりする半野菜半妖怪生命体がひそんでおり、この生命体は分裂の際に葉緑体がある体とない体に別れて、妖怪として成長した方の体は沿岸で海苔牡蠣などを襲う。

よく似た妖怪青潮とユニットを組んで妖怪界では生臭いアイドル気取りのいけ好かない奴だ。


この項目「赤潮」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)