走れエロス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
走れメロスから転送)
移動先: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「走れメロス」の項目を執筆しています。

走れエロスとは、1940年太宰治が発表したポルノ小説である。世間ではよく「走れメロス」と間違えられる事が多いが、これはれっきとした間違い。「ロス」ではなく「ロス」である。

パクリ姉妹版にシコれペニスがある。

概要[編集]

村一番の変態であるエロスは、風俗を正そうとする王と対立。エロスは自分が大事にしているエロ本人質とし明日までに戻ると王に約束する。そして変態の名誉を守るため、エロスは走る!一生懸命走る!・・・あ、これ「はじる(恥じる)」の間違いかなぁ?

冒頭[編集]

エロスは激怒した。必ず、かの紳士的なたしなみを求める王を除かなければならぬと決意した。エロスには我慢がわからぬ。エロスは、村の買春夫である。アーン♥♥を吹き、女と遊んで暮して来た。けれども性欲については人一倍に敏感であった。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

登場人物[編集]

エロス
村一番の変態。伊藤誠も真っ青。女とアーン♥♥するのは日課となっている。エッチ禁止の方針を打ち出している王を殺そうとして処刑されそうになる(この時彼が発言した「人のアーン♥♥を否定するのは、最も恥ずべき悪徳だ。王は、民の性欲をさえ疑って居られる。」は有名)。そこで、自分の宝物であるエロ本を人質にとり明日の夕刻までに帰ってくると王に約束。里で妹夫婦のアーン♥♥を拝んだ後、数々の困難(売春婦、風俗店、エロビデオ店、ソープランドetcに対する誘惑)を乗り越え、ギリギリで王のもとに到着、見事王を変態に目覚めさせる。
ディオニス
国王。国の風俗を正す為エッチ禁止を実行しようとした独裁者。エロスが約束を守った事に驚いたのか、最後は改心(洗脳?)し、エロスと一緒にエロ本を読んでいた。
セリヌンティウス
エロスの親友(性の)。エロスが愛読しているエロ本を編集した。クライマックスでは「俺が編集したエロ本を粗末にした」との理由でエロスを殴っている。
エロスの妹夫婦
最近結婚式を挙げたが、その直後の初夜をエロスに見られた。
ラストに登場した緋(ひ)のマントをエロスに渡した少女
ラストで彼女が登場した後、すぐエロスにアーン♥♥された。

作中の名言[編集]

「人の心は、あてにならない。人間は、もともと性欲のかたまりさ。信じては、ならぬ。」
国民 について、ディオニス国王
「一ばんきらいなものは、人とアーン♥♥しない事と、それから、童貞のままの事だ。」
自分自身 について、エロス
「おまえらの望みは叶ったぞ。おまえらは、わしの心に勝ったのだ。性欲とは、決して極悪な妄想ではなかった。どうか、わしをも(買春夫の)仲間に入れてくれまいか。どうか、わしの願いを聞き入れて、おまえらの(買春夫の)仲間の一人にしてほしい。」
国民 について、ラストのディオニス国王

本作で作者が伝えたかった事[編集]

暇なら読んで。

この作品を書いた太宰治は、当時日本が戦争の道に歩んでいたため「このまま戦争が起きれば日本の人口が減少してしまう」と感じており、「人間は動物と同じくアーン♥♥して子供を作る事は自然な事。風俗云々で一生童貞である事は許される事ではない」と、この作品を通じて伝えている。

ゆえにこの作者は、セックス肯定派である事が伺える。

関連項目[編集]


シコれペニス メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の記事加筆せねばならぬと決意した。
メロスにはユーモアわからぬ。メロスは、暇人である。
記事を見て、ニヤニヤして暮して来た。けれどもダメな記事に対しては、人一倍に敏感であった。 (Portal:スタブ)