超電磁兵器

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

超電磁兵器(ちょうでんじへいき)とは、電気の力、すなわち電磁力を超えた力を利用した兵器の総称である。

概要[編集]

諜報、白兵戦に特化したタイプの廉価超電磁兵器の例。可憐な少女の姿にすることで敵を油断させる。

超電磁兵器(ちょうでんじへいき)とは、日本人八手三郎によって生み出された兵器である。当初、似たような名称である「超伝導」と同じく、ものすごい発見ではあっても、実際どのように使えばいいかは誰も分からず、ある意味死んだ技術と考えられていた。しかし、1974年に日本のロボット産業界の奇才永井豪によって、変形&合体というと特殊な技術が開発されると、死んだ技術と思われた超電磁にも様々な応用が生まれ、その結果、1976年、世界初の超電磁技術を利用したロボットが生み出されることになる。

なお、永井豪が考案した変形・合体の元祖とされる永井豪考案のロボットは、残念なことに製品開発の段階で多くの問題が噴出したため、当時、多くの関係企業が製品化を諦めている。しかし、一部の企業は、その製品化を模索し続け、21世紀に入ってようやく一部製品化に成功している。もっとも、本来の設計では、3つの戦闘機が合体して、3つの異なるロボットに変形するという、ウィキペディアですら「まず、質量保存の法則から始めようじゃないか」と言われるほどのトンデモ設計だったため、実は、この製品を開発できたとすると、宇宙の法則が乱れることが分かっている。

超電磁力の特徴[編集]

分かりやすく言うならば、電磁石の強力なものと考えればいい。ロボットが変形した際に、強力な電磁石を用いて合体させるという発想は、永井豪の考案した変形・合体が、いわゆる機械を寄木細工のように変形させていたのと比べると格段の進歩であった。とくに、機械同士をはめ込む形で合体させ、超電磁力でその形状を維持させるアイデアは、1979年にその完成形が登場した後、2~3の別アイデアをのぞけば、世界のロボット業界を席巻するほどの勢力を持つまでにいたった。

2~3の別アイデア[編集]

超電磁力を使用した製品[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「コンバイン」の項目を執筆しています。

1976年、初めて超電磁力を利用した商品が開発される。それは、多くの農民を困らせた農業機械の大型化、多機能化を一気に解決することになる。とくに、大型機械であった「コンバイン」で使用された超電磁力は、そのまま軍事兵器として転用することも可能なほどで、多くの農民が自分たちが日々愛用する農機具が合体するその様子を見て驚愕したと述べている。

しかし、悲しいことにその農機具を兵器へと活用する発想は1990年代にオウム真理教に取り入れられることになり、実際にサリンを散布するために教団は農薬散布用のラジコンヘリを購入、実際に散布実験を行っている。幸い、警察の捜査が先に始まったため、実際にサリンが農機具によって散布される事態は避けられることになったが、現在でも実際の兵器に転用可能という理由で、ラジコンヘリは輸出する際に届出が必要になっている。

1999年、日本の自動車メーカーであるテラジは、超電磁ツインモーターを搭載したマシン、デストロイヤーを発表。マシンのフォルムはまるでミニ四駆であった。テラジ・デストロイヤーは同年12月31日ロサンゼルスで行われたRRR'99最終戦・シューティングフープスに投入され、アッソルート・スクァーロとの激闘を繰り広げた。

コンバトラーV[編集]

前述した農機具を利用した製品は、一般的に超電磁兵器と呼ばれている。特に「コンバトラーV」と呼ばれた製品は「コンバイン」、「トラック」、「V(地図記号における畑、牧草地)」を組み合わせた大ヒット商品で、現在でも多くの農民がコンバインを使用する際にそのメロディを口ずさむほどである。当時、トラックとコンバインが合体して農地へ向かう様子は、多くの農家に未来の農業の姿を鮮明に映し出した。しかし、現実は、いくらコンパクトにしても機械化を推し進めていく農業のスタイルは、機械の維持費や燃料費などで小規模農家の経営を圧迫していくことになる。

アニメ[編集]

大ヒット商品「コンバトラーV」は1970年代にすでにアニメ化されており、再放送も含めると数多くの子供達に国産の農業機械が外国製品を相手に活躍する様子を知らしめている。

ストーリー[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キャンベル・スープ・カンパニー」の項目を執筆しています。

1970年代、アメリカの巨大食品企業「キャンベル」がいずれ来る農産品、および食料品の世界市場解放へ向け、自国の政治家を通して様々な圧力を各国に要求し始める。そのことを憂慮した農水省では極秘に日本独自の農業を守り、なおかつ発展させていくために数々の対応策を模索していく。その第一弾として、科学者南原博士が考案した、合体する農機具「コンバトラー」による機械化農業を北海道で開始する。南原は全国から4人の農家の後継ぎを集め、自らも孫娘をつれて北の大地へ移り住む。そんな中、キャンベルとその息のかかったアメリカの議員団は着々と日本における農産品の関税の撤廃をもくろみ、農水省と数々の暗闘を繰り広げるのであった。

そして、1986年、日本の農産品の運命を決める会議GATT(ガット)「ウルグアイ・ラウンド」が開始される。北の大地で10年間繰り広げられた日本独自の農業の形は、果たしてこの危機を乗り越えることができるのだろうか?

CMソング[編集]

V、V、V、ビクトリー!
コンバイン 1! 2! 3! コンバイン稲刈りだ!
大地を揺るがす~♪
(ナレーション)超電動コンバインVシリーズがついに発売されたのだ!!!

※なお、Vシリーズは5機種あったが、歌で3までしか触れられていないのは御愛嬌である。

大規模農業推進への対応[編集]

日本で大規模農業の必要性が声高に謳われるにあたり、大型化が進められた。その究極型「型式№R0B0」は実に全長57mという巨体であるにもかかわらず、重量が550tと言う超絶な軽量化に成功した代物であった(これは一見かなりの重量に見えるが、そのサイズから見ればはなはだ軽量である。仮に人間に置き換えると、身長1hydeにして体重11.3kgと言うことになる)。これによって農業の効率化が図られると思われたが、サイズが大きすぎたことと、風に対して大変不安定である事が判明し、普及はしなかった。此のことを揶揄したパロディソングがある。

身長57メートル、体重550トン~♪
風が吹いたら空飛ぶぞ~♪
その名は超電磁R0B0~♪
その名はコンバインV~V!

関連項目[編集]