足利直冬

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「足利直冬」の項目を執筆しています。

足利 直冬(あしかが ただふゆ)は、南北朝時代の武士。足利尊氏の長男だが、色々な事情があって親父に廃嫡され、ボンクラの弟足利義詮に後継ぎの座を横取りされてしまう。激怒して親父に反逆し、九州を拠点に暴れ回ったが次第に尻すぼみになってフェードアウト、行方不明となり没年さえ分からないという不憫な晩年を送った。名前の通り、生まれてから死ぬまで一生の時代を過ごした人物と言える。

出自[編集]

直冬は尊氏の長男であったが、嫡男ではなく、尊氏が酒宴の席で押し倒した白拍子(今で言う風俗嬢)に孕ませた妾の子だと伝えられているがこれは虚構である。直冬は、尊氏と、尊氏の正妻赤橋登子との間に生まれた、正式な嫡男である。しかしながら、尊氏からは嫡男と認知されることはなかった。

その背景には、複雑かつおどろおどろしい事情があったのだ。

不遇の少年時代[編集]

直冬は幼名を不知哉丸という。不知哉丸は尊氏の子であったが、尊氏よりむしろ弟の足利直義に似ていた。そして成長すればするほど、類似は顕著になってきた。尊氏の頭の中に疑問が浮上するのは当然であった。自分の子であるのに、何故こうも直義に似てくるのだろう、そして尊氏は、ある疑念に取り付かれるようになる。実は自分の知らないところで、直義と登子が姦通していたのではないか、そして不知哉丸は、直義と登子の間に生まれた子なのではないか、と。

佐々木道誉が冗談交じりに、お前弟に嫁さん寝取られたんじゃないのと無責任な指摘をしたことで、疑惑は確信に変容していった。尊氏は発狂して、不知哉丸を殺そうとした。直義が制止したことでその場は納まったが、尊氏の直冬の出自に対する疑惑は氷解せず、不知哉丸は廃嫡されてた挙句、出家させられ、寺で喝食(寺で食事の膳を運ぶウェイターさんのような仕事である)をやらされる羽目になった。いやしくも武家の嫡男として生まれた不知哉丸にとって、この上ない恥辱であった。

あまりに不憫に思った直義は、不知哉丸を還俗させて養子として迎え入れ、直冬と名乗らせて自分の後継者とした。かくして、尊氏の勝手な思いこみによって、不知哉丸こと直冬は、本来であれば室町幕府2代将軍になれたところを、人の口車に乗り易いことに定評のある弟足利義詮に将軍職を移譲させられ、その風下に甘んじることになってしまったのだ。

決別[編集]

直義が直冬を養子に迎え入れたことで、やはり直冬は直義が登子を寝取って孕ませた子では無いかという尊氏の疑惑は更に増幅した。直義の取りなしで直冬が戦果をあげても、逆に尊氏は不機嫌になるという有様であった。そして、鎮西の南朝勢力を鎮圧する長門探題に任命するという口実をでっち上げ、尊氏は直冬を九州に追放してしまい、更に高師直らに追討を命じた。これに直義が猛反発し、尊氏と直義は決別、観応の擾乱が勃発することとなった。

自分を追放した挙句亡き者にしようと追手を差し向けてくる実父の鬼畜じみた所業に、直冬は憤慨した。明確に父との決別を宣言した。直義が尊氏によって毒殺されると憎悪は一層増幅し、少弐頼尚大内弘世山名時氏ら、中国、九州地方の有力武将と結託し、ついには足利の仇である南朝とまで手を組んで西国で大暴れした。

ところが直冬は実父尊氏と足利家嫡男の座を自分から強奪した弟の義詮への憎悪のみで戦っており、その戦略に計画性や同志との連帯感というものがなかった。その為、彼を旗頭として仰ぎ、最初は協力していた少弐、大内ら有力武将らも途中で愛想をつかし、直冬は見捨てられてしまう。

義詮との決戦[編集]

それでも直冬は不撓不屈の気概を持って戦い続けた。実父尊氏に対する憎悪と、愚弟義詮に対する優越感の混じったコンプレックスが、彼の闘志の源泉であった。そして桃井直常ら諸将を糾合し、直冬はついに父尊氏と弟義詮を駆逐して京都を制圧するに至る。しかし弟義詮はすぐさま京都奪還に着手し、ついに直冬との決戦に及んだ。

他人の口車にばかりのる愚弟の義詮に俺が負けるはずが無い、意気軒昂して真正面から直冬は義詮とぶつかり、そして惨敗した。四散した直冬の軍勢は、途中狼藉を働きながら京都を捨てて逃走、直冬の武将としての名誉、評判はどん底まで失墜した。

晩年[編集]

その後直冬は安芸国に漂着し、そこに草庵を結び、身を潜めながら晩年を過ごした。静かに田舎で隠遁生活を送ることを条件に、幕府への反逆行為を許してもらったと言われている。享年は61歳だとか74歳だとか言われていて、死んだ年月すら定かではないが、直冬が死んだ時には、実父尊氏はおろか愚弟と蔑んだ義詮も鬼籍に入って少なくとも20年以上が経っており、その義詮の子である足利義満が隆盛を極め室町幕府の黄金時代を現出していた。安芸の草庵から愚弟の息子が繁栄するのをどのような気持ちで直冬が見ていたか、想像するだけで憐憫が込み上げてくる。

なお、直冬の子供の宝山乾珍も孫の足利義尊も、足利義教の暗殺された嘉吉の乱に関連して命を落としており、それ以後直冬の家系が続いたのかどうかは今もはっきりしない。

死後[編集]

安芸で晩年を過ごした直冬は、安芸の有力豪族毛利氏の世話になっていたらしい。この事実は後年、毛利氏の天下取りの口実となった。中国地方を席巻した毛利元就は、直冬の墓石を神輿に担ぎ上げ、今こそ足利氏の正当な後継者である直冬公を将軍に推戴して都に迎える時と啖呵を切って上洛を敢行しようとした。しかしまもなく元就が老衰であの世に逝ってしまったので上洛計画は頓挫した。

捏造[編集]

直冬はまぎれもなく尊氏と正室赤橋登子との間に生まれた「嫡男」だが、正式に後を継いで2代将軍となった義詮の立場からすると色々と都合が悪いので、出自が歪曲されて実は風俗嬢に生ませた子供だったということにされている。

二代将軍の資質があったか否か[編集]

義詮ではなく直冬が将軍になっていたらという話は度々浮上するが、実際に直冬には二代将軍の器量があったのか。合戦の腕前で言えば、戦績を考慮して明らかにボンクラの義詮よりも直冬が上手である。しかし、組織のトップとして下を統率する力や、朝廷その他諸々の勢力と折衝する能力で言えば、義詮も優れていたとはいえないが直冬も相当問題のある人物である。これは徳川家康の嫡男徳川信康にも共通する要素である。優れた人物ではあるのだが血の気が多く性格的な問題を多く抱えていて、トラブルメーカーになり易く下からの反発を招く傾向も高い。所謂、キチガイである。こうしたキチガイであっても織田信長ほどの才能があればまあ天下統一までなんとかやっていけるのだが(もっとも信長ですら完遂寸前で鬼籍に入った)、直冬や信康の才知ではどだい無理筋である。