足利高義

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「兄上は普通の性格でしたが、足利家の中では最も立派でした。私が代わりに天下を獲ります!!」
足利高義 について、足利尊氏
あぁ!イヤーン!気持ちいい!気持ち良すぎます!イヤッ!やめてください!イッちゃいます~」
足利高義 について、新田義貞

足利 高義(あしかが たかよし)とは、足利貞氏の長男。

概要[編集]

特に何か実績を残したというわけでもなく早くに亡くなったので、弟の尊氏直義に比べてマイナーであるとされ、学校の教科書には当然載っておらず、系図からも省かれている。但し、きちんとした系図史料には載っているので何とか抹消されずに済んだが、「左馬助 早世」(『尊卑分脈』)といったように情報量が少ない。よほどネタがなかったんだね。

そのため、街頭アンケートを取ってみると100人中99人が「足利尊氏にお兄ちゃんがいたんだ!」と驚くほど、知られていないのである。知っていたとしても、「何した人?」と聞かれると、「……」と返すしかない。実は貞氏でも同様の結果に…orz

生涯[編集]

貞氏の嫡男として生まれるが、母親は側室(上杉経高の娘)であった(『前田本源氏系図』)。貞氏の正室(北条顕時の娘)を母とする説がどうも定説となっているが誤りである。足利氏嫡男の証である「氏」の字が入っていないからである。そもそも足利氏の当主になるのに必要な条件としてはもう1つ、母親が北条氏の出身者である必要がある。祖父の家時の場合は母親が上杉氏出身であったが、たまたま兄弟がいなかったので跡を継ぐことができたという例外である。高義も同様に、顕時の娘が夫・貞氏とのセックスを拒み続けて子供を産もうともしなかったので、運よく跡取り息子となることができたのである。

そのため、北条高時から「高」の字をもらって嫡男と認めてもらうことには成功するが、所詮は庶子であったために父の貞氏から「氏」の字の使用を認めてもらえなかった。元々貞氏は娘が生まれてきてくれることを望んでおり、息子には興味を示さなかった。高義の次に生まれたのが尊氏であったが、「また太郎か」という貞氏の落胆によって「又太郎」と名付けられている。それほど貞氏は男子を望んでいなかったのである。一刻も早く跡取りを必要とした鎌倉時代の風潮の中にあって、このようなタイプは珍しかった。

そのような経緯から高義の精神状態は当初から不安定であった。正和3年(1314年)3月1日、親戚の新田小太郎が元服し、高義が「義」の字を与えて「新田義貞」と名乗らせたが、その夜に高義と義貞はセックスをした。

このことが父・貞氏の知れるところとなると、怒った貞氏は「俺だって清子上杉頼重の娘で尊氏と直義の母)とのセックスを我慢しているのに!!」と言いながら、高義に家督を無理矢理押しつけた。翌正和4年(1315年)11月に「足利左馬助」名義で鶴岡八幡宮の僧侶・円重に対して供僧職安堵の書状を出す(「鶴岡両界壇供僧次第」)など、当主として業務を徐々にこなしていくが、その量は半端なものではなく、いつしか高義は自殺願望を抱くようになっていった。

『続群書類従』所収の「足利系図」では、家時が文保元年(1317年)6月25日に切腹したとするが、これは『蠧簡集残編 六』所収「足利系図」に掲載の高義の命日の翌日にあたるので、これはまさに高義のことである。家時は「今から三代後、足利は必ず天下の覇者となる、武士に二言は無い」と言い遺して自殺したが、孫にあたる高義にとってはあまりに重いものであったため、「俺には無理だ!弟たちに託す。あいつらならできる。」と言いながら切腹してしまった。このことはれっきとした事実であるのだが、現在の研究ではどうも高義の死因を「自殺」としたくない研究者たちの思惑があるようで採用に至っていない。

関連項目[編集]