足尾市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「足尾市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「足尾町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「足尾町」の項目を執筆しています。
「真の文明は、を荒らさず、を荒らさず、を破らず、を殺さざるべし。」
足尾市 について、田中正造

足尾市(あしおし)は、日本栃木県に存在する鉱山都市である。

概要[編集]

鉱都・足尾[編集]

日本有数の鉱山都市として知られ、「鉱都」と呼ばれる。

マジカリウムオリハルコンなど、多種多様にわたる希少金属を産し、新たに発見されたネオ元素も数多い。各国から宝石商錬金術師科学者などが集まり、物流学術の一大拠点となっており、狭い谷間に3万8千人もの人々がひしめいている。昼間人口は夜間人口の2倍の7万6千人である。

足尾鉱毒事件[編集]

鉱山が繁栄する一方で、マテリアが発する瘴気により周辺地域が汚染され様々な弊害をもたらした足尾鉱毒事件が発生した。日光魔物が出現し、桐生奇人変人が多いのもマテリアが原因であるとされている。しかし、「日光には昔から魔物がいた。」「桐生人の奇行は今に始まった事ではない。」などという声もきかれる。

地理[編集]

市街地は足尾山地の深い谷間に位置している。周辺は魑魅魍魎が跳梁跋扈する危険な山岳地帯であり、はげ山の連なる異様な景観を呈する禁足地となっている。

また、渡良瀬川の源流に位置するため、鉱毒被害は渡良瀬川下流の諸都市にとどまらず、江戸川を経由し行徳方面、利根川を経由し霞ヶ浦方面まで拡大した模様である。なお、1980年代以降は渡良瀬川より温泉効果もあり鬼怒川のほうが有名である(森高千里が渡良瀬橋を発表した一時期を除いてであるが)。

歴史[編集]

足尾銅山の発見以来、足尾は「足尾千軒」と言われ栄えた。古河市兵衛の経営となってからは、生産技術が近代化され、名実ともに日本一の「鉱山都市」となる。

足尾で採掘されたは、日光東照宮江戸城に使われたり、海外にも輸出されたりと、足尾は日本のみならず世界経済に大きな影響力をもっており、明治時代には、足尾の銅と桐生を海外に輸出し、軍隊を増強するための国策上の重要地であり、権力者たちの政争の種となった。大正時代には、人口が栃木県内で宇都宮に次いで第二位となったほどの栄えぶりである。昭和29年の建国記念日に日光市と同時に市制施行している。

出現モンスター[編集]

  • ポイズンイーター
毒を食すという点では益獣といえなくもないが、大量に繁殖し毒霧を放つので脅威となる存在である。
  • ツチグモ
坑内に巣くう巨大蜘蛛。恥ずかしがり屋なので出会っても大声を出したりせず放っておくこと。
  • メタルスライム
水田などに流入し、農作物に大ダメージをあたえるので深刻な問題となっている。

交通[編集]

  • 足尾市営鉄道
    • (桐生駅)…原向駅 - 通洞駅 - 足尾駅 - 間藤駅 - 足尾本山駅

名所・旧跡[編集]

関連項目[編集]


二代.jpg この項目「足尾市」は、先人によって冒頭部が作られ、代々伝えられてきた物語のほんの序章に過ぎない、始まったばかりの項目です。これからの本当の物語の綴り手は、あなた自身です。 (Portal:スタブ)