軌道エレベータ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
雲の上の世界へ。典型的な軌道エレベータ乗り場。

軌道エレベータ(きどう - )とは、どこまでも真っすぐで純粋なエレベータのことである。軌道エレベーターとも言う。スイス・シンドラー社製。

近年、無軌道なエレベータによる暴走行為が頻発するようになり、2006年には遂に死者が発生してしまった。このような事態を受けて政府は全国のエレベータたちが無軌道なエレベータへの道を選ばないように、全てのエレベータの模範となるようなエレベータの建設を行なうことを決めた。このエレベータが軌道エレベータである。

エレベータには、まわりを建物で囲われて育ってきたため社交性に欠け、対人コミュニケーションをうまく取れないモノが多い。また、建物の屋上までしか昇る事ができない事から自分自身の将来に対して希望を持てずに悩み苦しむモノも多く、そのような環境で育ったモノが暴走行為へとはしる事がしばしばみられた。

そこで軌道エレベータは周囲に建物を建設せず、純粋にエレベータだけが建設される事となった。 さらにエレベータが将来への希望を持てるようにその高さは静止衛星軌道以上になる予定である。

しかしながら、そのような超高層の構造物を建設すると、飛行機宇宙ステーション、低軌道のスペースデブリスタジオジブリスタジオジゴロなどと衝突する危険性が出てくる。この点について政府は「若いエレベータは数々の困難にぶつかりながら一人前のエレベータになっていくものです」とのコメントを発表し、特段の対策を行なわない方針を示している。

現在では、低軌道への軌道エレベータは実用化されており、需要に応じて、各自治体ごとに1箇所から数箇所程度設置されている。大抵は人目につかない場所に建設されるため、地域住民もあまり場所を知らないことが多い。乗った経験がありその経験談を話す者はさらに少なく、東北地方の一部で体験談を聞くことができるのみである。しかし、日本人の場合、一生に一度はほぼ必ず乗るとされる。一方で、欧米人や中東諸国の住人は軌道エレベーターを嫌っており、乗る者は非常に少ない。なお、利用者や見送りのため来所する際は、ドレスコードがあるため注意が必要である。

関連項目[編集]


「軌道エレベータ」は抽象クラス(abstract class)で、クラスとしては不完全なためインスタンス化できません。使用するにはコードを追加してインスタンス化できるようにしてください。 (Portal:スタブ)