転校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Bouncypotato.gif
この記事「転校」は何故か「転校生」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

転校(てんこう)とは、室町時代後期に発生した行動である。別名「寝返り」「転向」。この行為を行うと、殆どの場合友人と呼ばれる共同体からはじき出され、運命の歯車が狂う事が多い。よく二次元世界で見られるようなハッピーな状況になることはほとんど無いと言っても過言では無い。

来歴[編集]

室町時代後期、応仁の乱が終息したものの、日本各地では「戦国大名」と呼ばれる圧力団体が跋扈していたが、この時代はまさにカオス下剋上など何でもアリだったが、そのような非道行為の中で最も恐れられ、嫌悪されたのが「転校」である。特に合戦中に転校が行われた場合、それが糸口となって合戦に敗北する場合も多かった。そのため儒学教育が盛んになった江戸時代では転校は人道に背く行為であるとして激しく糾弾された。明治以降欧米化が進んでも転校は禁じ手であったが、第二次大戦後、米国の占領時代を経て転校は日本社会において容認されるようになった。

転校によって起こり得るプラスな面[編集]

  • 謎めいた雰囲気を醸し出し、寡黙にしていると女の子が寄って来るイケメンの場合)
  • ちいとばかしスポーツが出来ると女の子が寄って来る(イケメンの場合)
  • 新しい学校(組織)にも簡単に打ち解けて合掌コンクールや運動会でも譜代同様に扱われる(イケメンの場合)
  • 彼氏又は彼女が簡単にできる(イケメンまたは美女の場合)
  • 前の学校での愚行・凶行などがリセットされる。この点は米国の占領統治後、各学校の情報統制が発達したからであるが、現在では「プロフ」という検閲により削除の運営する組織によっって過去の事実がばれてしまう事もある。

転校によって起こり得るマイナス面[編集]

転校はマイナス面の方が多い行為であり、そういう意味では人道に背く。

  • 転入早々いじめに遭い、不登校引きこもりニート
  • いじめっ子の地位から転落し、一躍いじられキャラ→不登校→引きこもり→ニート
  • 方言をうっかり使ってしまい、「ちょwwおまww」→不登校→引きこもり→ニート
  • 自己紹介で失敗、アフターケアの甲斐もなく不登校→引きこもり→ニート
  • 知らず知らずのうちにいじめっ子のリーダーの逆鱗に触れ、クラス中からシカト→不登校→引きこもり→ニート
  • 中学の終わりごろに転校してきて、結局新しい地元で友達が作れずに絶望

など枚挙にいとまがない。

転校によって運命が好転した人[編集]

  • 斎藤道三美濃に転校後、美濃を支配。さらに彼女まで作った勝ち組
  • 藤堂高虎(「七度転校しなくば武士に非ず」の名言を残したキングオブ変節漢)
  • 徳川家康(「最初はイヤだったけど行ってみたら結構良かった」と語る勝ち組)
  • 牟田口廉也(殺気渦巻く地獄のインパールから転校してきて命拾い)
  • 俺の隣の席の沖田勝行(先週転校してきてもう彼女作った)

転校によって運命が暗転した人(組織)[編集]

どっちかよくわからない人[編集]

関連項目[編集]