輸血

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「輸血」の項目を執筆しています。

輸血(ゆけつ)とは、血が足りなくなった人間に血を分けてあげる行為。

輸血の意義[編集]

人間は血液の3分の1以上が失われると命の危険がある状態に陥る。これを失血という。失血に陥った人間を、冥府の淵から呼び戻すために行われるのが輸血である。 そんなことしても血液が3分の1以上失われるような状態になっている人間は通り魔に刺されたり自分で自殺未遂したりしてて体の損壊が著しいのでどのみち助からないことが多い。輸血はやっても無駄な行為に終わることが多い。

しかし、輸血をしなかったばかりに救えなかった命というのも有史沢山ある。輸血をすれば救える命を救うために、輸血は行われる。

輸血の構造[編集]

これはアンパンマンがおなかがすいた子に自分の顔の一部をはぎ取って分けてあげるのと一緒である。血液は、生物の生存を支えている命の水であり、アンパンマンの顔を構成するアンパンと同じである。アンパンマンも顔がしおれると力が出なくなってしまう。

血液は血管という川を通っている。この川を流れる赤い水を、一時的にダムに組み上げて、別の川に流すというそれだけの行為である。

しかし、命の水である血液には、様々な生き物が住んでいる。生物学の分野では微生物とかいうらしいが、そんなことはどうでもいい。多分人間の血液の川の中にもヤマメイワナサクラマスニジマスカワニナタニシが住んでいるのだ。

血液を別の川に移すと、これら川の住人達も一緒についてくる。どういうことが起こるだろうか。例えばある血液の川にブラックバスが大量に住んでいたとする。その川から別の川へ血液を輸血する。するとブラックバスも一緒についてゆく。輸血先の川にはヤマメやイワナが住んでいるが、ブラックバスは彼らを食い殺して駆逐する。その結果、ブラックバスにその川は占拠され、川は死んでしまう。

このため、輸血をする際は、輸血をする側の川の生態系を入念に吟味する必要がある。安易に行えば、輸血先の命の川(人体)に危機が生じる。

輸血の速度[編集]

概ね輸血を要求される命の川は旱魃に陥っているかどこかに穴が開いていて、急速に水が干上がってゆく。完全に水が干上がると命の川は死んでしまう。死までの速度は速い。命の川が死を迎える前に、新しい水を注ぎこまねばならない。勿論、水と称して炭酸水硫酸塩水コカ・コーラ塗料洗剤などをを流し込むのは御法度である。

輸血の速度が失血に追いつけない場合は、失血の原因となっている場所に堤防を設けて失血の速度を遅らせることが推奨される。しかし所詮焼け石に水である。

また輸血の速度が早すぎると命の川である血管は氾濫してしまう。場合によっては破裂してしまいその場合失血よりも酷いことになる。


やめられない、止まらない この記事「輸血」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)