近鉄奈良駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「近鉄奈良駅」の項目を執筆しています。

近鉄奈良駅(ちかてつならえき)は、奈良県奈良市にある、近畿日本鉄道の駅。奈良県最古にして唯一の地下駅である。

沿革[編集]

  • 1910年(明治43年)9月16日 - チンチン電車として奈良軌道奈良線が開業。軌道線としても日本有数の勾配区間があり、特に暗峠では勾配が80%にも及び、長編成列車ではアプト式の補助機関車を要した。
  • 1914年(大正3年)7月8日 - 奈良駅開業。勾配改良のため、生駒トンネルが開通。このトンネルは、国家総動員法も国民徴用令もない時代になぜか沿線の在日を大量徴用して生き埋めにしたことで知られるが、その真偽は不明。そのため、現在のけいはんな線では、最終電車が検閲により削除
  • 1946年(昭和21年)4月16日 - 生駒トンネル内で、車内で行われた焚き火の火が車体に燃え移り、23名が死亡。
  • 1948年(昭和23年)3月31日 - 生駒トンネル内でエクストリーム・下山が行われ、3両が脱線転覆、47名が死亡。なお、エクストリーム・謝罪は、当該編成の走行中に早々と行われた。その数分後に花園駅構内で先行列車に追突し、事故現場から乗客を運ぶのが面倒だったため病院の救急室にそのまま突入した。
  • 1964年(昭和39年)7月23日 - 新生駒トンネルが開通、大型車の乗り入れ開始。全長800mの遮断機(世界最長)をもつ、日本最長の踏切が登場する。なお、遮断棒は、奈良盆地のどこからでも見ることができ、天気のよい日は神戸ポートタワー(1963年竣工)や名古屋城からも見えたという。
  • 1969年 - 併用軌道廃止。
  • 1970年 - 新線に移転となる。

地下化の経緯[編集]

元々、チンチン電車の「大阪天気軌道」として開業した際は、太陽エネルギー(天気力エネルギー)を使用した電力で電車が動き、雨天の際などは客足もまばらで、大阪の汚い空気をきれいにするため、奈良の空気を大量に大阪に送り込むために使用された。天気に敏感な客の動きを読むということは、大気の状態、すなわち空気を読むことと同一であり、そのため京都市内出身の社員が優先的に配置されたという。このことから、「大阪大気」とも呼ばれていた。また車体は木造で、雨が降ると車体が腐ることで知られている。1948年には車体やブレーキが腐ったためにみごとに追突事故を起こした。満員電車一編成分の乗客がそのまま目の前の病院に直行することとなったが47名が死亡した。

これらの教訓から、雨の影響が少ない地下に鉄道を建設することになったが、奈良県の地下は、どこを掘っても過去の遺物が出てくるため工事は困難を極めた。途中駅の油坂駅からJR奈良線を乗り越えるあたりでは、しばしば武力革命が起こり、革命家の方々による妨害も行われたが、検閲により削除などにより解決した[要出典]

地下化[編集]

奈良市内の地下には財宝が埋まっているとの噂が高く、地下に入って小判など金貨を探す者が跡を絶たなかった。奈良のメインストリートである大宮通りも例外ではなく、緑の土管を見つけては地下に入る者が多く、時にボヤ騒ぎや、地下を掘り返し過ぎて陥没事故が起きたり、深みにハマって行方不明になるなどの事故例があとを絶たなかった。地下では麻薬原料植物の栽培も密かに行われ、それらは手を触れるだけで大人なら身長が半分に、子供なら即死するほどの猛毒であることが判明している。

このため万博を機に大々的な発掘調査が行われ、奈良時代のエロ本や小判など収穫物は東大や興福寺周辺の博物館で公開されている。

発掘後に残された、大宮通りの地下の穴を有効利用するため、レールを敷き近鉄電車を移転した。

しかし天然の洞窟に近い穴のため、通気性が悪く、メタンや硫化水素などガスがしばしば流入する事例がみられた。当初は電車の走行によりガスは外に押し出されると考えられていたが、1983年には電気火災で1名の死者が出た。1996年の地下鉄サリン事件をきっかけに換気設備が整備され、さらに2006年の大邸地下鉄放火事件を受け改良工事が行われた。

名称[編集]

運営会社の変遷に伴って、近鉄奈良駅はしばしば改称されている。

奈良軌道による開業当時は、奈良軌道奈良駅の略称であるNANA駅と呼ばれていた。人とちょっと違った生き方にあこがれるスイーツ(笑)に大人気であった。

奈良軌道が大阪軌道に社名変更したのちは、駅名も大奈良駅に変更された。なお「だいなら」という読みは、京都人が「さいなら」と勘違いすることから、大軌社内で避けられていた。駅名表示板では「なら」と表記されていた。

大阪軌道が大阪近鉄バファローズと名称を変更したのちも、しばらくは大阪近鉄奈良駅を名乗っていた。しかし、バファローズの地下鉄球団化、駅の地下化と共に、降車直後から息を止めたまま改札まで走ったり、鼻をつまんで歩き転倒する客が続出するなどの問題が生じたこと、そもそも大阪府内でないことから「近鉄奈良なら」に変更された。近鉄の売却後、社名はさらに大阪メルコバファローズに変更となったが、現在のところ駅名変更の動きはない。

社名を略して奈良駅と呼ばれることもあり、隣接するJR奈良駅とは全長800mの踏切を渡ってすぐの距離となっている。地下駅のため「ちかなら」と呼ばれることも多い。

駅構造[編集]

4F   空き店舗
3F   空き店舗
2F   空き店舗
1F 鹿 鹿歯科医院   鹿  鹿 鹿  鹿  廃墟  鹿子鹿 鹿 鹿 馬鹿 馬鹿


B1  遺跡  遺跡   地下コンコース 遺跡  遺跡検閲により削除 遺跡  遺跡 遺跡 遺体  遺跡
B2遺跡  遺跡  遺跡 奈良線ホーム トンネル トンネル 過去の遺物 トンネル トンネル トンネル 特急トンネル トン㌦


B3遺跡 遺跡 遺跡 遺跡 遺跡 遺跡 遺跡 遺跡 遺跡 遺跡 遺跡 遺跡 遺跡 遺跡 遺跡 遺跡 遺跡

駅周辺[編集]

文化財保護法により周囲の新築は禁止されており何もない。駅ビルもあったが既に廃墟化している。駅前広場は鹿だらけであり、足元のフンに注意。

公園の噴水は鑑真和上像となっており、頭から水を噴き上げる高僧の像は待ち合わせ場所として有名。