迷惑施設

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

迷惑施設(めいわくしせつ)とは、一部の人たちにとってその存在自体が迷惑で、特に「自分の住む地域には建てないでくれ」と主張する施設、あるいはその態度を指す。他には「忌避施設」「嫌悪施設」、あるいは英語で“NIMBY”(Not In My Back Yard:我が家の裏には御免)と略される。

対象となる施設

迷惑施設としての反対運動は、「施設が建設されると、地域や一部の住民に対して環境被害などの損害をもたらす」などと主張し、以下の理由で建設や誘致の反対運動を起こす。

  • 施設から直接ないし間接的に衛生・環境・騒音などの面や健康上・精神的な被害を受ける(火災などの事故が発生するとより一層の被害を受けるおそれがある)
  • 施設の存在により、地域に対するイメージが低下する
  • また、それによって不動産資産価値が下がる
  • 施設の影響で治安が悪化する(利用者や関係者に暴力団暴走族などの反社会的勢力またはそれらとつながりのある者が多く、犯罪やトラブルの温床になりやすい)
  • 住宅地や学校の近くに建設されると児童の目につきやすくなるため、教育に悪影響を与える

迷惑施設の例

東海道新幹線

運行のメインはのぞみ号であるが、静岡県にある6つの駅には一本も停まらず、その上在来線でも静岡県内は不遇な扱いを受けている。18キッパーが苦心する区間でもある。実際に静岡県知事がキレて「のぞみ通行税を取るべきだ」と戯言を発言したことがある。

さらに「静岡県にも空港を」と富士山静岡空港を作り、そのあとで静岡県がJR東海に対して真上を通る新幹線の駅を作るよう、要請したことがあるが、建設と要請の順番が逆であったこともあって、当然のように却下。その結果、静岡県に本社を置くFDA(フジドリームエアラインズ)が、愛知県中部国際空港を拠点空港とするマヌケな事態となった。

JR

特に首都圏においては諸悪の根源。毎日の通勤時の殺人的なラッシュに耐える事を強要される他、痴漢の温床、投身自殺のメッカ(特に中央線快速線)でひとたび事故が発生すれば大混乱を招く。百害あって一利なし。即刻撤去すべきである。

警察署

国家権力の名のもとに、空き巣狙い、強盗、当て逃げ、誘拐振り込め詐欺などなど、ごく一部の人々の自由な経済活動を阻害する要因になっている。資本主義・経済主義の名が泣く施設である。特に交番は、それが存在するだけでそれらの人たちが活動を阻害される要因になっている。

またその一方でストーカーの被害を訴える女性がいても「民事不介入」の名のもとに動かず、そればかりかご丁寧にそのストーカーに女性の住所を教える親切さ。数々の警察官・警察官僚の不祥事は枚挙に暇がない

公安警察

要するに終戦まで存在した特別高等警察(特高警察)が名を変えただけの組織。前述のように警察も一部の人にとっては迷惑であるが、警察が実際に事件を起こさない限り動かないのに対し、まだ何もしないうちから「公共の安全と秩序」美名のもとに、日本共産党、創化学会、統一協会エホバの証人Alephしばき隊革マル派など、善良な宗教や極左団体をマークしている。これは憲法第20条で定められた宗教の自由に反する。

空港

飛行機は、墜落すれば、まず命が助からない交通機関であるにも関わらず、航空各社が「自動車より安全」と、不当な安全神話をまき散らすことによって存在している。これは原子力発電所の安全神話と同じ構造であり、このような危険な交通施設は一刻も早く世界からなくすべきであろう。

関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「NIMBY」の項目を執筆しています。
1bc8305a.jpg sengoku38監督の「迷惑施設」を見ている暇があるなら早く最新のプラウザにアップグレードしてくださいお願いします (Portal:スタブ)