通勤

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

通勤(つうきん)とは、主に市街戦における戦士輸送戦術の一種である。都市の大小を問わず世界中で日々繰り広げられている。

概要[編集]

過密地域における通勤風景。

人類史において通勤が広まったのは、産業革命により工業の機械化が進み、交通網が急激に発達した後のことである。それまで近場の畑や自宅の工房で作業に勤しんでいた農民がこぞって兵士となって都市の工場や事務所に進出した。各兵士はそれぞれの7人の敵を相手に激戦が行われるようになったとされる。

現代では、企業戦士が都心部にある富裕な企業役所等を狙い、朝7時頃から9時頃まで集中攻撃する戦術が一般的な通勤であるとされる。主に自動車鉄道が利用され、日々戦場への攻撃が繰り広げられている。極東の巨大都市・東京においては動員戦力が数百万から一千万に及ぶと見られている。鉄道においては戦闘の激しさを示す指数である乗車率が余裕で100%を超えるなど、殺人的な混乱をきたしている。大阪民国においては戦闘が山場を過ぎ、以前ほどの激しさはもはや無い。地下鉄四つ橋線など、梅田からでも座れる。京阪中之島線に至ってはいつもガラガラだ。なお、戦闘を少しでも回避するため、フレックスタイム制度やSOHOも提唱されている。

基本戦術[編集]

通勤は朝に行なわれる都心部への「攻撃」と、夕方から夜にかけて郊外への「退却」をセットとして波状的に行なわれる。通勤が激しい戦闘となるのは、企業戦士が夜間、戦場となる都市の郊外で休息をとっており、朝と夕方に移動する時間帯が重なるためである。その後、通勤により都市の内部に侵入した者は各担当区域に配置され、通勤とは別の戦術である仕事を行うこととなる。

通勤手段は様々だが、一般に大都市においては鉄道が、地方都市においては乗用車が用いられる。乗用車は交通事故による死者を増加させ、鉄道は人々を押し競饅頭にするなど、大変危険な手段である。

通勤鉄道
秘密兵器として、急行電車や快速電車がある。戦士達はどんなに混雑していても、無理にでもいつもと同じ急行電車に乗り込もうとする。1分でも遅刻は決して許されないからだ。しかし、実は多少時間がかかっても各駅停車利用が一番混まず得策であると言われている。郊外の隠れ家から最寄のまでは大概バスか徒歩で向かうが、時には愛すべき家族の運転する自家用車で送迎を受ける。
地下鉄
敵の目を欺くため、戦地の地下には、網の目のように地下鉄網が張り巡らされている。東京では郊外からの電車に乗ったまま、乗り換えなしで地下鉄へ出撃することが多い。大阪民国ではいくつもの出撃ポイントで戦士達の大量乗換えが必要であったため、世界初の自動改札機が開発された。
自家用車
鉄道の便が良くない場合、なんと自腹で装甲車を購入し戦場へと向かう。一時は交通戦争と言われた。時には月極駐車場まで借りる。通勤時間帯は、敵の信号機がすぐ赤になるので、早朝をねらう者もいる。雨の日やごと日(大阪民国のみ)は、時間が余計にかかることが多い。大都市部以外では新兵器のETCを装備すれば、高速代が半額となる。

交戦規定[編集]

土曜日及び日曜日は交戦を控えるのが慣例となっており、戦闘は散発的なものとなっている。また、正月お盆などの期間も大規模な交戦は行われない。これは企業戦士が手勢を率いて帰省するための措置である。企業戦士はこの期間を待ち望んでおり、通勤を上回る戦闘が各地で発生する。

しかし、一部の通勤先ではこの規定が守られず、悪戯に戦死者が増える結果となっている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「通勤」の項目を執筆しています。


この項目「通勤」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)