遊女

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

遊女(ゆうじょ)とは、に遊ばれるである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「遊女」の項目を執筆しています。

歴史[編集]

時は中世、世間では働く農民が大多数を占めたが、性欲にあふれるただれた武士商人と、ずっと遊んで暮らしていたい女は常に一定数存在した。性欲あふれる武士もただ威張って金を得ることは出来なかったが、様々なルートを使うことにより遊んで暮らしたい女を買う余裕はあったのだ。女の側も金と性欲の有り余る武士に可愛がられれば遊んで暮らすことが出来たのである。さらに、当時は士農工商の差があってないようなものであったこと、男女格差はあるにはあったがそこまで大きくなく、ほぼ対等の関係でいられたことから、体さえ提供していれば裕福な暮らしが出来たのである。

ところが、近世になると状況が一変する。身分制度が確立し、武士や商人と遊女の間の力関係が大きく崩れたのだ。しかも、女は男につくすべしという考え方がさらに強くなり、女は男の所有物というフェミニストが聞けば卒倒するような考えを持った男も多くなった。それに遊んでいるだけの女に対する扱いもさらに酷くなっていった。こうして、金こそ払ってくれるが無茶苦茶に扱われ、飽きたら捨てられる玩具となり果てた遊女がかなり増えたのだ。こうして遊女は卑下される身分へと落とされて言ったのである。

幕末が過ぎ、江戸幕府が倒壊した明治以降も遊女の身分は変わらなかった。だが、第二次世界大戦に負け、男女平等の価値観が欧米から入ってくるようになると女の地位がまた向上することとなる。遊女への風当たりが男女ともに強いのは変わらなかったが、自分の体で遊ぼうとする男にだけは強気でいけるようになったのである。ただし、風営法の強化により遊女は表立って商売は出来なくなってしまった。今では遊女の末裔的存在がキャバクラなどに細々と潜伏している状態である。

サービス[編集]

遊女は何もしなければただ男の玩具として過ごすが、それでは満足できない女も当然のように存在した。貧乏や親に売り払われるなどの悲しき理由もあるが、元をただせば自分が望んだかはともかく目当てで遊女になった・させられたものがほとんどである。そんな彼女たちはただ男に遊ばれるだけの存在でいることに満足するはずがなかったのだ。そこで男を骨抜きにして金を巻き上げようという考えが起きるのはある意味当然の帰結であった。サービスの内容としてはお酌・舞・お触り等々が挙げられるが、本当に楽しいサービスは、少なくとも男性諸君にとってはここで語るより実際に体験してもらったほうが言いに決まっているし、女性諸君にとってはそのように体を売るような行為を想像するのもいやかもしれないのであえて掲載しないこととする。

本拠地[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「渡鹿野島」の項目を執筆しています。

遊女の本拠地は遊郭であるが、現在は風営法により建設が禁止されている。しかし、遊女たちは有力者を自らの色香を使って骨抜きにすることによって抜け道を大量に作らせた。それにより、あからさまに怪しい夜の街で男を誘う真似が出来るようになったのである。究極は渡鹿野島にある遊郭本部であり、ここでは日本全国から集められた遊女たちが男たちをいざなうために日々活動している。是非とも遊女に骨抜きにされたい方は渡鹿野島に言ってみてはどうだろうか。

関連項目[編集]