過蜜

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
過密から転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「過密」の項目を執筆しています。
市販の過蜜

過蜜(かみつ)とは、人口密度の高い場所で生産されている蜜のことである。最近では生産過程での公害が問題となっている。

概要[編集]

過蜜とは、色は灰色がかった黄色で、味は生産時に人口が密集している程甘くなり、香りはほんのりと甘い香りがして、蜂蜜ほどベトベトしない。さらに蜂蜜楓蜜と並んで世界三大蜜の一つでもある。しかし他の二つより認知度が低く、一時期は過蜜ではなくガムシロップが世界三大蜜の一つであった。

製造方法[編集]

過蜜の製造は空気に圧力をかけて、過蜜のもととなる物質を回収し、熱して液体化することによって作られる。空気に圧力をかけるにはいくつかの方法があり主なものとしては、機械によって空気を圧迫する機械圧迫方式、人間が密集することによって空気を圧迫する過密圧迫方式(過蜜という名前の由来でもある)、人間以外の動物(ミツバチなど)が密集することによって空気を圧迫する動物圧迫方式などがある。

しかしこれ以上の詳しい製造方法はどの会社も企業秘密である。へたに詮索すると、検閲により削除されて千の風になりかねないので、やめたほうがいい。君が詮索したいって言うなら別にかまわないけど。

主な製造メーカー[編集]

工場における製造工程その1。

日本の大手過蜜製造メーカー(年あたりの売上額が一億円以上)は、

 平日は朝と夜に、休日は一日を通して盛んに製造。

 昼食時は和食レストランに、その他の時にはミッキーの家付近で盛んに製造。

 タワー・オブ・テラーなどにて盛んに製造。 

 コミケなど、イベント開催時に限る。

 金融恐慌が起こった時に限る。

 経済不況が起こった時など、就職難が起こった時に限る。

などが大手とされている。

主な生産国・都市[編集]

工場における製造工程その2。

過蜜の生産率が高い国トップ3は、

となっている。

日本では江戸時代に中国から過蜜が伝わり、明治・大正になって本格的に生産されるようになった。高度経済成長期のころからは技術の進歩によって、今までより合理的で純度の高い製品がつくれるようになり、日本の過蜜産業はアンサイクロぺディアほどではないが急成長を成し遂げた。ちなみに、過蜜を生産してきた企業は世界恐慌やバブル崩壊、リーマンショックを乗り越えてきた数少ない企業の一つとなっている。

モナコ公国では最近になって製造が始まっており、賭博場のドリンクに過蜜を使用したり、レースのスポンサーになるなどして、セレブ御用達の商品として収入を得ている。

ヴァチカン市国では過蜜を売る以外に国の収入がないため、国営産業としてヴァチカン美術館サンピエトロ大聖堂で売られている。この、観光地や世界遺産などで過蜜を売る方法は、国の収入の少ない国ではよく行われている政策のひとつである。

東京では通勤電車(山手線など)の車内などで製造されており、毎日数十トンもの過蜜がラッシュ時の通勤電車のなかで、女子高生が電車内でメールを打つ速度と同じくらいの速さで生産されている。余談だが、過蜜を製造する装置は毎日、過蜜製造業社の職員が点検(必ず座って行わなくてはならない)するのだが、残業帰りの疲れたサラリーマンとの座席の取り合いがよくあり、バリアフリーを真っ向から無視した夜の東京名物となっている。だが、東京より人口密度の高い都市は多く存在するのに、なぜ東京が世界で最も生産率の高い都市になりえたかというと、性能のよい機械の使用や日本の湿度が高く、過蜜の生産に向いた気候だからである。

違法過蜜の密約容疑で捕まった密輸グループのなかの一人

北京では天安門広場などの人が多く集まる場所に大型の過蜜製造機を設置して、合理的な生産を行っている。しかし、不純物の多く混じったものや、過蜜に見せかけた偽の過蜜などを非常に安い値段で売り飛ばしている悪徳なメーカー(ウィキペディアの中国語版など)も数多く存在し、実際に中国国内では死亡事件はまだ起きていないが、中毒事件がたびたび発生している。

ヴァチカンはヴァチカン市国の説明と似たり寄ったりなので割愛する。

公害[編集]

日本では過蜜を生産する時に、

  • 圧迫死
  • 呼吸困難
  • 人が集まることで風が遮られて、ただでさえ暑苦しいのがもっと暑苦しくなる
  • 電車内では、クーラーの風が遮られて電力のムダ
  • そのせいで熱中症患者がでたり、人体発火現象が起きる
  • 暑さによるパニックで乱闘や人間ドミノが起こる

などが発生したりして、すべての国土面積の小さい過蜜生産国が直面している問題である。

今までに、クーラーの設定温度を下げることや酸素の濃度を高くするなど本末転倒の対策が講じられてきたが、たいして効果はなく、今のところこの公害への解決策はない。というか、この公害の存在自体が無視されているに等しく、くだらないことばかり議論したがるウィキペディアンでさえもマジメに考えたことがないという。そもそも、過蜜の生産を電車内などの密閉空間で行うことがいけないのではないか、というマジメな意見もあるが、日本の面積と財政事情を知らない奴の妄言としか思われていない。というか、これ公害って言えるのか?

関連項目[編集]

この項目「過蜜」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)