道の駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「道の駅」の項目を執筆しています。
駐車場と野菜販売とコインロッカーを備える典型的なタイプ
建設間もないニュータイプ
お米を精米できるタイプ
鉄道駅を真似たタイプ。対抗車待ちができる
最もシンプルな「椅子2脚」タイプ
農村でよく見られるタイプ。まさに未知の存在

道の駅(みちのえき)とは、一般道路上のサービスエリアかつパーキングエリア。しかしその実態は謎に包まれており、未だ全容が解明された試しはない。例えば、ドライバーにとっては有難いことに24時間営業しているというが、実際には往々にしてそんなことはなく、24時間健気に仕事をし続けているのは自動販売機トイレだけである。かと思えば、昼間は地元で採れた野菜が売られていたりする。この場合、遠方から来たドライバーにとっては何のメリットもない。まさに未知の駅である。

概要[編集]

日本の各都道府県に存在する道の駅であるが、その形態は必ずしも統一されておらず、共通するのは駐車場や休憩施設があることだけである。その地域特有のお土産やら特産物が売られていることも多い。かつて遊郭であった土地では、春が売られていることもあるとかないとか。また、ある程度のスペースを必要とするため、基本的にド田舎に設置される(この点一つとっても、ドライバーには優しくない)。

以上のことから、道の駅は行政主導で画一的に進められた事業ではあり得ず、各地域ごとに自然発生的に設立されたものと解することができる。そのため道の駅の起源は定かではない。いつ、どこに道の駅第一号が誕生したのか、そもそも「道の駅」という名称の由来は何なのか、その道の駅という名称が全国共通なのはなぜか、といった基本的な疑問すら解決されていない。鉄道にのみ用いられるの名を一般道の施設が冠している点についても、研究者によって意見が分かれている。

日本にはどんな道の駅がどれだけあるのかについては、資料を鵜呑みにするしか能のない百科辞典を参照[不要出典]

仮説[編集]

道の駅を取り巻く様々な謎を解き明かすべく、これまでに多様な仮説が提唱されてきた。ここではその一部を紹介する。

ミチノ氏の家族経営説
道野氏(あるいは路野氏など)の末裔が、全国に散らばって事業を始めたとする説。道野氏は江戸時代の商人で、商いの才能に恵まれた道野氏が時代に先駆けて全国に事業展開をした。現在の道の駅はその名残であるという。道の駅が辺鄙な場所にあるのも、出費を抑えるために坪単価が安い土地に出店したからだと説明される。ただし、近接地域ならば道の駅同士の繋がりもあるが全国レベルで見ればお互い無関係に近く、道野氏が道の駅設立に関わったとする伝承も社史もないため、この仮説はほぼ否定された。
宿場起源説
奈良時代から各地で整備されてきた宿場にその興りを求める説。宿場は宿とも呼ばれることがあったため、有力な説の一つとされている。しかし宿場は、江戸時代以降も東海道中山道など大きな道路沿いが主であり、また使用目的はあくまで宿泊である。道の駅は片田舎や戦後に開通したバイパス沿いにあり、使用目的は休憩や道路状況の情報を得ることであるため、根本的に食い違うと指摘されることもある。
明治以降の廃駅説
文明開化によって鉄道が持ち込まれ、鉄道網が急速に張り巡らされていった明治時代、いわゆる開発ラッシュのようなもので無計画に駅が作られたものの、結局は乗客も少なくすぐに経営難に陥り、そうした駅のいくつかは放棄されていった。その廃駅を再利用したのが道の駅だとする説。明治時代は新聞電話など遠隔地の情報を入手することが可能となっていた時期でもあり、名前が「道の駅」に統一された事情はその辺りにあると見ることが出来る。しかし現在、発祥あるいは第一号を名乗る道の駅は、軒並み1900年代末に設置されたものばかりであるため、当仮説は脆くも崩れ去った。
道祖神説
道の駅はひと気のない場所に建てられていることが多いが、その地は昔は交通の要所だったのではないか、という見地から唱えられた説。道祖神はほぼ日本中にくまなく分布するであり、地域により神の名前は違うが、道祖神という種類・カテゴリ名のようなものは共通した知識だったはずである。この説では道祖を「みちおや」と、また道の駅を「みちのや」と読むことで、音の響きの類似から道の駅の起源に迫った。しかし、駅を「や」と読ませる決定的な資料が見つけられなかったことから、机上の空論として片付けられた。
単なる凡人の強引な思いつき説
鉄道に駅があるなら、道にも駅があっていいじゃないか」。鉄道は駅が無いと利用できないが、道路はそうとは限らないので、まさに斜め上をゆく発想である。それでも成功すれば皆が真似したがるのが世の常であろう。凡人(素人)の発想=「道の駅」を商標登録していないなら尚更である。なお、道の駅のヒントとなった鉄道の駅には「誰が利用するんだ?」的な場所に立地する秘境駅というジャンルがあるので、道の駅もまた「ひと気のない場所に建てられる可能性」からは逃れられない宿命にあるとされる。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]


ご迷惑おかけしています この道の駅は一生懸命作られましたがマスコミの評価は手抜き工事です。
優しい業者さんに補修工事をしてもらえたら国民も現場の人も喜ぶでしょう。 (Portal:スタブ)