道南いさりび鉄道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「道南いさりび鉄道」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「道南いさりび鉄道線」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「江差線」の項目を執筆しています。

道南いさりび鉄道(どうなんいさりびてつどう)は、北海道鉄道路線である。同社の名前は、イカが好きすぎる函館市が命名権を取得しイカ釣り漁船の漁火にちなんで命名した。

概要[編集]

北海道新幹線の開通、渡島大野駅延伸に伴い並行在来線の江差線を廃線。江差線のうち木古内-五稜郭JR北海道から経営分離し、JR北海道から設備やぼろい汽車と、沿線自治体がスズメの涙ほどの出資金をだしJR貨物が同線の運営を引き継いだ。

全線電化されているが、泊原子力発電所が止まっているため節電を意識し電気の不要な国鉄のお古、キハ40苗穂工場魔改造延命手術を施した車両をJR北海道から貰い、使用している。

開業まで[編集]

当初、ほかの並行在来線同様は三セク化さるとみていたが、新幹線駅を現函館駅まで引き入れるよう函館市が強烈に抵抗。 そんな無茶に付き合いけれないとJR北海道は津軽海峡線、江差線の全線廃線で脅しを掛けるが、後述の事故の多発に怯える沿線住民が廃線で困るJR貨物に仲裁を要請し、しぶしぶJR貨物が一種鉄道事業者として経営を引き継いだ。

なお、江差-木古内間はJR貨物が使用しないため廃線された。これについては沿線住民がヒ熊と鹿のため、鹿の路線立ち入り以外の目立った反対運動はなかった。

脱線事故にテロの事件性[編集]

函館延伸が決定後、八雲町や七飯町で発生した貨物脱線事故や特急列車出火事故など事故が多発、警察はテロと事故の両面で捜査しテロや事件性を否定した。 しかし一部では現函館駅乗り入れを要求する一部の人間によるテロではないかと言われている

事故は住民が見たことすらない3ドア電車を与えと北斗駅に函館の名を入れることで納得させた後発生していない。