コピー厨

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
違法コピーから転送)
移動先: 案内検索

コピー厨( - ず)とは、

  1. 無駄な金銭を使わずに効率よく音楽やパソコン、アニメなどのソフトを入手する非常に高度な優れた知性の持ち主に対して使われる敬称。
  2. ネット上の文章をコピーし、さも自分の発言や創作物であるかのように振る舞う人。
  3. AAやコピペを無意味に多用し、掲示板などのコミュニティを疲弊させる人
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「コピーソフト」の項目を執筆しています。

名称の問題[編集]

コピー厨という名称は、「」の字が入っていることからもわかるように、敬称の一種である。

一般的にコピー厨と呼ばれるのは、音楽やアニメ、パソコンなどのソフト、あるいは漫画などに対し、無駄な金銭を一切使わず、ほぼ無料(実際には通信費用などが必要であるが、それは微々たるものである)で手に入れる、言わば「本当の意味での非常に高度な優れた知性を持った節約家」のことである。

しかしながら、こうした高度な人種を表現する単語は見あたらず、ただ「コピー厨」という単語だけが一人歩きしているのが現状である。これは、違法暴利組織であるJASRACがこうした単語を無理矢理広めているためと考えられている。[要出典]

とは言え、コピー厨という言葉は十分に普及しており、本稿でもこの単語を使用するものとする。

最近では高度な知性を持った節約家を逮捕されるという、けしからない動きすらある。

ソフトの入手[編集]

ネット上では、あらゆるコンテンツを無料で入手することができる。発売されたばかりの音楽ソフトやアニメソフトなどはもちろん、何十万という馬鹿げた値段が設定されたパソコンソフトなども、その気になれば探し出すことが可能である。

また、音楽のコンサートなどでも録音機を持って行けば(音質は落ちるが)その様子を記録することが可能である。あるいは、十分な交友関係があれば、誰かがそのソフトを持っているのでそこからコピーすれば良い。

こうした、非常に高度な優れた知性があれば簡単にできる行為に対し、一般市民達は強い嫉妬を覚えている。彼らは無料ソフトの入手を試みるという、ごくありふれた努力すら「製作者に悪い」という理由で放棄し、「俺たちは金を出して買っているのに」などという勝手きわまりない主張をし、高度な知性を持った節約家に購入を迫る。

近年は、こうしたソフトの入手法を違法化、刑罰化する動きがあり、ネット上で多くの節約家達が「規制強化されたら、もう日本の音楽やアニメやゲームは買わない!」などといった怒りの声を上げている。

著作権問題[編集]

しばしば取りざたされるのが「著作権」である。

だが、この著作権というものには重大な問題がある。これはJASRACが勝手に作り出した言葉であり、いわば純然たる妄想の産物である。そもそも絵も音楽もパソコンソフトも、必要な費用と言えば画材やパソコンなどごく限られたものであり、それらですら(紙などを除けば)使い捨てではない。つまり、費用などと言えるものは、時間と労力と人件費以外、ほとんど何もかかっていないのである。

ソフトの値段はほぼ全て、そのパッケージの費用に、販売会社が勝手に設定した「暴利」の部分である。言い換えれば、人件費で出来た本当に必要な部分(音楽、アニメ、ソフトなど)の部分だけであれば、これは無料で配布するのが当然の話である。だがJASRACは、この当然の事実を無視し、著作権という全く正体のない、権利ですらない権利を勝手に設定し、そこから暴利を貪るという、近年希に見る悪行に出た。

現在のところ、この著作権は法律で認められた形となっているが、これはJASRACが多額の政治献金をしてるためと噂される。いずれにせよこの事実は、JASRACと政治との深い癒着を示す好例と言える。

その結果、節約家達の権利はしばしば侵害される。このことは重大な社会問題である。

一般市民からは「そんなタダ同然の物なら、自分で作ればいいじゃん」という意見や「サービス業で無賃労働してくれるんですね、ありがとうございます」という意見があるが。

ヒエラルキー[編集]

割れ神(ピラミッドの頂点=神) 
      ↑ 
    放流厨←──┐ 
      ↑        │ 
┌→吸出し厨 ┐ウイルス厨 
│          │ 
├→購入厨─┤ 
│          │ 
└─販売厨←┘ 
    ↓  ↑ 
    卸し厨 
    ↓  ↑ 
    製造厨 
    ↓  ↑ 
    開発厨(食われるだけの存在=ミジンコ) 


諸外国の動向[編集]

著作権というものが全く実のない、無意味なものであることは、いくつかの国では深く理解されている。例えば中華人民共和国では、ひろく著作権という概念を否定している。これは中国四千年の歴史による深い英知と言えよう。

一方で、JASRACの異常な圧力によりYoutubeが閉鎖されるなど、特に西側諸国では節約家の権利への侵害が大きい。

作り出すのに時間と労力と人件費以外、何の費用もかからないシロモノに高い金を支払うなどという、正常な知性の持ち主であれば、決して思いつかない異常な行為をやめさせることに対して、全世界で節約家による様々な活動(主に荒し)が起きていることは確かであるが、それらは未だ、JASRACと癒着した政府を動かすまでには至っていない。

関連項目[編集]