還元

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

還元(かんげん)とは、酸化の逆の反応であり、必ず酸化と対になっている反応のことである。

定義およびその運用の注意[編集]

還元とは

  1. ある物質から酸素を奪うこと
  2. ある物質に水素を与えること
  3. ある物質から電子を奪うこと

である。

詳しくは酸化と還元の項を参照されたい。

また、上記1~3のすべてにおいて、奪っていく側(もしくは与えてくれる側)が存在している必要があり、そのとき相手側は酸化されたという。 酸化された側からみれば、還元された側が与えてくれる側(もしくは奪っていく側)になっている。

そのため、上記のように「還元」を単体で論じるのは本来間違いであり、必ず「酸化」とペアになるよう論じなければならない。

その意味で上記の定義は正しいといえず、繰り返しになるが正しい定義は酸化と還元の項を参照すること。絶対。必ず。

世の中にあふれる「還元」[編集]

濃縮還元[編集]

ジュースの製品化の際、輸送コストを安く抑えるため、「希釈酸化」と呼ばれる工程を踏む。 これを元に戻して製品として飲むことのできる状態に戻すことを「濃縮還元」という。

一般に「希釈酸化」という言葉は知られていないが、「希釈酸化」されたジュースは一般に飲むことができない輸送用の状態であり一般人には知る必要のない情報であるため、政府が意図的に隠しているのである。必要ない知識を教えて脳内の記憶容量を無駄に減らして国民が馬鹿になってしまうことを防止するためである。

なんと優しいご配慮か。政府に感謝。合掌。

「希釈酸化 - 濃縮還元」をすると以下のような利点がある。

  • ジュースの濃度が下がる
高い濃度では発火・爆発の危険性があるが、これにより発火・爆発による輸送中の事故が減る。
  • 品質が一定に保たれる
輸送中に、空気中の硫黄や窒素と結合して品質が落ちる危険性がある。特に窒素との結合は爆発の危険性も高まるので極力排除しなければならない。それを、酸化によってそれ以上ほかの物質と結合する余地を無くし、結果、品質を一定に保つのである。

どちらも長距離輸送で求められる技術で、特に輸入商品であるsunkist製のジュースなどでは「希釈酸化 - 濃縮還元」が駆使されている。

ポイント還元[編集]

YAMADA電気などで有名な「ポイント還元」だが、これにも一般に知られていない「ポイント酸化」が存在する。 一般に知られていないのは「希釈酸化」と同じ理由である。

政府に感謝。合掌。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

視聴者還元[編集]

理論上テレビやラジオで発生する還元反応だが、実際には皆無であり、その代わり「視聴者酸化」がすさまじい勢いで進行していた。 しかし、Ph値が極限まで達したため、現在では視聴者酸化も珍しい反応になってしまった。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

ナントカ還元水[編集]

当然対になる水が存在し、「ナントカ酸化水」が存在する。ただし、本来どちらも政府によって隠されている(理由は上述。政府に感謝。合掌。)べき水であったが、ついぽろりと口からこぼしてしまった人がおり、「ナントカ還元水」の方だけ一般によく知られるようになった。なお、ついぽろりと口からこぼしてしまった人は、国民に必要ない知識を教えて脳内の記憶容量を無駄に減らしてしまい、結果国民を少し馬鹿にしてしまった罪で自殺に見せかけて政f

死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

L.C.L.還元[編集]

地球上の全ての人間のA.T.フィールドを消滅させ、L.C.L.へと還元すること。それによって、人間は全て1つの生命体へと進化する。現在はゼーレが2016年実行を目指している。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

感謝の意を込めて[編集]

ここまで読んでくれた読者なら、政府がいかに私たちの脳内の記憶容量のことを想い、配慮なさっているかわかったことと思う。

感謝の意を込めて、政府に。

合掌。

関連項目[編集]

この項目「還元」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)