都筑区

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

都筑区(つづきく)とは、畑と工業地帯と港北ニュータウンと呼ばれるショッピングモールからなる川崎市横浜市の区。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「都筑区」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「都筑区」の項目を執筆しています。

概要[編集]

かつては農業が盛んな静かな場所であったが、港北ニュータウン開発を機に、大型ショッピングセンターなどの系列店が学校予定地だったところの土地を買占め、その場所にショッピングモールを乱立させたため周辺はいつも車で混雑している。

基本的に住宅地+畑+大規模商業施設という殺風景な街並みが広がるのでそんなに面白くはない。 区の中心部には防衛機構の都筑まもる君都筑ハイタワーがそびえ、それぞれ町のシンボルとなっている。

北部は都市大に実効支配されている。中央にはグリーンベルトが通っており、竪穴式住居などが存在する。また、一部が川崎領になっている。

中央部は都筑まもる君に支配されている。関西人の植民地であるセンター北及び都民の流刑地であるセンター南などがあり、港北ニュータウンと呼ばれる。また、海のない茅ヶ崎やドイツ人入植地がある。

港北ニュータウン
港北区に存在しそうな港北ニュータウンは実はここら辺にも存在する。というかここら辺の方が大きい。都筑区域はほぼこのニュータウンと重なるため、実際にはほぼイコールな関係ではあるが、都筑区の港北ニュータウンという近隣住民以外には甚だややこしい存在となっていることは看過できない。かつては緑区港北区に別れていたことを考えれば、ニュータウン計画に乗じ都筑王国再統一という父祖伝来千年の夢を果たしたとも言える。
ただし現在は横浜市の圧力によってセンター北、センター南と名前を変えさせられている。
また先住民より圧倒的に他地域からの入植者が多い。
センター北
阪急百貨店が進出しているおかげで、関西人が多く住み込む。
大阪キタと勘違いして、観覧車にをブチ込む遊びが流行っている。
センター南
北と違って東急百貨店が出店している。
行政が置かれた堅苦しい街だが、それなりに商業施設もある。
センター中央
幻。

北部には農協の支配拠点があり、広大な畑が広がっている。農業で生計を立てる、先住民の川和族が居住しており、富士講の信仰の地となっている。そのため、富士塚があちこちにある。 近年は川崎族や都民などの難民が入植し、工業地帯やタンタタタタタタウンなどが点在するようになった。 また近年は怪獣が出現する頻度が増えたため、ウルトラマンによる防衛活動による街並みへの影響が懸念されている。

歴史[編集]

大昔、この地一帯は川和族の拠点であり、今の川崎・緑区・青葉区にまたがる広大な領土を有する、都筑王国を形成していた。 青葉区同様かつては田んぼや原生林に覆われており、野犬や山賊が出るような、山梨県に匹敵するほどのド田舎であったが、港北ニュータウンと呼ばれる都民や関西人の植民地の開発のため都市化し、現在その面影を残すのは池辺や荏田や山田周辺だけである。

もともとは緑区(旧都筑王国)の領土であったが、開発が進み緑が減ったため青葉区とともに独立して川崎市都築区となった。 しかし、川崎市から畑と空き地が多すぎるという理由で放置されてしまい、運良く人口さえあればなんでもいい横浜市に拾ってもらい、名目上横浜となった。

また、港北ニュータウン開発後まもない都筑には、広大なススキ野原が広がっており、ゼロヨン族や暴走族などの部族が広い田舎的な道路でしのぎを削っていた。

交通[編集]

高い運賃(1駅200円)で有名な横浜市営地下鉄が緑と青の路線どちらも走っている。(はまりんおすすめ、横浜市交通局もおすすめ) しかし、市営地下鉄以外の鉄道は皆無であり、区民は千葉ニュータウンの北総線よりはマシと思って仕方なく使っている。 また、東急バスや市営バスなどのバス路線もあるが、地下鉄の緑の方ができたために激減している。

有名人[編集]

都筑区で最も有名な人物は、座布団運びこと山田隆夫であり、地名にもなっている。また、彼を祭った神社や富士塚も存在する。 もともと山田君はこの地域には住んでいなかったが、引っ越しの際風水師に相談したところ南西に住むとよいといわれてその方角を地図で見ると偶然同じ名前の地名があり、この地にやってきた。 出身者としてはガチホモ事務所所属の手越が有名である。

まだ未熟です この「都筑区」は、執筆がまだ未熟なのでヨタついています。まっすぐ走るようにして下さる教官を求めています。 (Portal:スタブ)