酒井香奈子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「酒井香奈子」の項目を執筆しています。

酒井 香奈子(さかい かなこ、1986年11月11日 - )はアイドル声優の一人で、その最大の魅力は「あどけなさ」であるとされる。

概略[編集]

自称は、『姫』。そのためファンなどにはかな姫と呼ばれ始めるが、最近では同じ事務所(RAMS)の先輩にあたるでぶにゃんかなっぺと呼び始めた事から、それに圧力を感じたラムズ声優ファンも追従する運びとなった。 それはともかく、酒井香奈子の相対的な可愛さは異常である、と考える者は多く、デビューの翌年となる2006年には自身のファンクラブ『かな姫殿』が発足し、方向性はともかく今後の活動が期待される声優である。

あどけない魅力[編集]

雑誌やネット上などに点在する写真は酒井のあどけない表情をピックアップしているものが多く、本人の魅力の一つと捉えられている事を伺わせる。

自身は、高校を中退してまで代々木アニメーション学院に行くという、あどけない経歴と学歴を持っていて、これを少し残念な経歴と見る人もいる。しかし、ファンの中には、マイナス的な要素よりも夢や希望を優先したあどけない判断、つまり「若気の至り」として割り切っている者が多い。
また、デビューした現在の様々な活躍の場においても、そのあどけない台詞まわし、あどけない話題選び、あどけない演技、あどけない歌唱などの魅力を総動員してファンを引き付けている。(しばしば引き付けも起こっている。)

公式サイトにおけるあどけなさにも注目したい。
ここのブログでは「最近ブログで書くことがなくなってきた」というあどけない発言をしたりもしている。当然それを見たファンの多くは「じゃあ書かなかったらいいのに」という小学生でも考え付くような当たり前の感想を持つ事となったが、そのことを本人に言ってしまうと、サニティポイントの減少によるあどけない暴走が起こりかねないため自重している。

決まらない方向性[編集]

キッズステーションで放送中の「ナニカナ☆ナナカナ」という幼児向け番組(小学校低学年でも見るのがつらいほどNHK教育的要素の強い番組)に出ている一方で、映画「キサラギ」で如月ミキとして登場し、あどけない水着姿を披露するという、普通ではおこりえないパラドックスが生じている。
ただし、ファンであるならばそのどちらも許容する事が求められており、特に前者に当たっては公開収録が行われている某大手おもちゃ屋にまで足を運び、大きなお友達として番組収録を観覧する信者さえもいる。
これらは、酒井のあどけない胸が持つ魅力、つまり無乳っぷりを拝観できる貴重な場であり、いわゆる信者向けのサンクチュアリである。

ユニット活動[編集]

商業路線を取るRAMSがクローバーというモルモット的ユニットの失敗を経て設立した次世代モルモット的ユニット「ナナカナ」に属する。
ちなみにナナカナは形だけは2人組であるが、実際は酒井香奈子の独壇場である。かな姫がどうして重要なのか?ということは井ノ上奈々と比較するとよく分かる。なっさんもそれなりに頑張っているのであるが、年齢にあわないランドセル姿や人に口外できないフェチシズム(ブルマオタク)等によりどうしても・・・。ファン補正というものを考えてもこの事実は覆すことはできないであろう。また、井ノ上奈々と酒井香奈子はできているのではないか?という疑惑もある。

上の文章だけを読むと、さも井ノ上奈々が酒井に劣っていると思われがちであるがそういうことではない。十人十色であり、井ノ上奈々にもいいところはたくさんある。詳しくは井ノ上奈々の項を参照されたい。

夜のユニット活動[編集]

前のセクションでも一部言及したが、この2人にはレズという疑惑がある。ブログ等でも知られるように、この2人は同棲している。「そりゃいい年した2人の女が閉鎖空間の中で生活をしているのであるから、当然夜のユニット活動が行われているのが当たりまえだろう」という一部の大きなお友達の提言もある。 2008年の元旦に発売されるユニットCDのジャケットには、その色が強くでているから参照されたい。

ただ、ラジオやブログなどで余りにも公式にアナウンスし、イベントでもキスを連発するそのパフォーマンスは、ともすればRAMSの商業主義と相まって百合営業との評価も受けがちであり、一部腐兄藤田咲から自重を求める声が上がっている。

関連項目[編集]

  • 井ノ上奈々 同居人。ナナカナのバーター役。
  • でぶにゃん 姫の座を剥奪した張本人。
  • 斎藤桃子 このものに捕食されかねないと、ファンの多くは危惧している。