酵素

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
酵素(Enzyium)
一般特性
名称, 記号, 番号 酵素, En, 49
分類 非金属
族, 周期 7, 11
密度 0.28 g/cm3
無色
原子特性
原子量 98 amu
原子半径 57.3 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

酵素とはヒト等の動物の体を構成するネオ元素の一つ。ネオ元素記号はEn

概要[編集]

酵素(Enzyme)はヒトをはじめとする動物が生まれつき体内に持つ元素で、タンパク質炭水化物などの有機化合物を分解し、アミノ酸ブドウ糖を生み出している。この物質は動物を捕食することで得られる物質で生命活動の維持に不可欠とされている。

医療分野での活用[編集]

疲労がたまり倒れ込む、術式後で栄養が必要、意識不明の重体で食事を経口摂取出来ない等の状態で栄養分を補給出来ない時に点滴と言う形で酵素を血液内に直接投与することが行われている。近年では体内での栄養の吸収を効率化する為に塩麹などの酵素を含む食品が健康に良いと話題になっている。[テストに出るよ!]

酵素から作られる有機化合物[編集]

ヒトの体内の消化器系にて酵素を含む化合物は分泌されている。臓器により作られる化合物は異なり、それぞれが生み出す栄養素も異なっている。

  • アミラーゼ(EnGr)

デンプンを分解し、アミロースを生成する化合物、ヒトの唾液に多く含まれる。

  • ペプシン(EnPe2

タンパク質を分解し、アミノ酸を生成する化合物、胃液の中に含まれる。コカインが含まれていないコーラにも多く含まれていると言われている

  • リパーゼ(En2Re5

脂肪を分解し、脂肪酸グリセリンを生成する化合物。水臓から生み出されるすい液に多く含まれている。「膵」ではないかって?大人の事情で削除されたから赤リンクなのです。

関連事項[編集]

Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第24回執筆コンテストに出品されました。