酸化

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

酸化(さんか)とは、物質が酸っぱくなる、化学的には馬鹿(物質)が刃物(電子)を得る化学反応である。木が燃えて灰になるのも、梅を塩漬けして酸っぱくなるのも同じ化学反応である。

中学校でよくある酸化反応の実験[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「酸化」の項目を執筆しています。

レモンなどすっぱい果物に電極を突き刺し豆電球を繋ぐと光るというもの。電池が酸化反応を利用していることを確かめる実験である。酸っぱい果物から電子が電極を通り豆電球に流れ、フィラメントは電子を得て光る。酸っぱいものは電子を多く含むこと、電子を得てフィラメントは酸化すること、実験後の果物は電子を失い酸っぱくなくなる(還元された)ことが分かる。

発見の歴史[編集]

酸化は、紀元前8世紀西洋の錬金術師エドワード・エルリック賢者の石を鉄の上に置くと気体と共に鉄から赤い粉が出ることを発見。気体を酸素、粉を錆、現象を酸化と名付ける。(ロゼッタストーンの翻訳文より)

中世ヨーロッパにおいて鉄器が盛んに用いられるようになり、この時代に空気中の酸素の量が増加している事から賢者の石が大量に消費、酸化されていたと推測される。 近代に入ると、賢者の石が枯渇してしまったことから、エネルギーの発生しない酸素との反応のことを酸化と酸化と呼ぶようになる。

酸化を利用した虐殺[編集]

酸とDHMOとかヘンタイウムとかスペシウムをかき混ぜればOK。配分を間違えるとドカン

  • 過酢酸                       
細菌、真菌、芽胞、ウイルスに効果有り。秘密結社WHOに対細菌虐殺兵器として認定されている。
読むとこうなる。
  • 次亜塩素酸ナトリウム
細菌、ウイルスに効果有り。秘密結社リネンの兵器として利用されている。人間にも爆発事故でダメージを与えている。
  • ウィキペディアの酸化の項目
人間に効果有り。この項目に張ってあるリンクの項目を理科系が得意でない人が見ると、混乱して気絶したり発狂したり頭脳疲労で死んでしまう。
  • 参加
戦争に。胸クソ悪い気分になりたくなかったらやめましょう。

関連項目[編集]