野球害毒論

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

野球害毒論(やきゅうなんてしねばいいのに)とは、主に野球のアンチが語る野球の危険性を唱える説である。提唱者いわく野球をやっている人は野球脳であるとされている。

概要[編集]

明治時代より日本中に広まり、戦後は国民的なスポーツにまでなった野球。その発展の裏には他のスポーツがいろいろな意味で犠牲になってきた。また、野球のテレビ中継により見たいテレビ番組が中止されたり放送時間がずれてビデオが取れなくなるなど特にスポーツをやっていない人にも迷惑をかかっていた。

そこで様々な被害を受けた人々は野球に対する様々なネガティブキャンペーンを行うことによって野球の影響力をそぎ落とそうとした。それが野球害毒論の要旨である。

歴史[編集]

成立から戦時中まで[編集]

この野球害毒論を成立させたのは朝日新聞であるとされる。その朝日新聞は様々な理由により野球に不平不満を持っていた人々を集めメディアの力を利用して大々的にネガティブキャンペーンを行った。野球脳という呼称もそのときに考えられた。それが野球害毒論の始まりであるとされる。まずは野球をやっている人を野球脳とよび徹底的に弾圧を行った。それは周りの圧力により野球をやっている大学生が真っ先に戦場に送り込まれるなど野球人口の減少を誘うものになった。また、それは当時野球の母国アメリカ戦争を行おうとしていた政府中枢に支持され朝日新聞の社会的地位は飛躍的に上がったとされる。

しかし、野球を愛する人たちはやられっぱなしではなかった。野球害毒論によって甚大な被害を受けた野球愛好者は朝日新聞以外の新聞社と結託し反野球害毒論を展開した。それは野球をやっていない人々を先に戦場に送る圧力となった。戦争が長期化するにつれ野球害毒論派と反野球害毒論派は泥沼の中傷合戦により一種の内戦となってしまった。しかもこの争いにより若い男性を大量に戦場に送り込む形となってしまったため国力の低下を招き戦争に敗北する原因の一端となった。

戦争終結後、言論統制がなくなると、朝日新聞が全国高等学校野球選手権大会を現在まで開催するなど提唱者でありながら野球害毒論を展開するという矛盾点が露呈した。そこで、朝日新聞はネガティブキャンペーンの標的を自らが進出し損ねたプロ野球に絞り、高校野球などの反野球害毒論提唱者と講和し、初めからそのような論を展開していなかったように振舞った。朝日新聞が心変わりをしたのはひとえにそのような行動をとったほうが金になるからであろう。朝日新聞の変心により野球害毒論は朝日新聞社も関係のあるアンチ巨人などに一部が引き継がれた他は、一旦社会から姿を消すこととなった。

主な野球害毒論[編集]

「野球という遊戯は悪くいえば巾着切りの遊戯、対手を常にペテンに掛けよう、計略に陥れよう、ベースを盗もうなどと眼を四方八方に配り神経を鋭くしてやる遊びである。ゆえに米人には適するが、英人やドイツ人には決してできない。野球は賤技なり、剛勇の気なし」
野球 について、新渡戸稲造第一高等学校校長
「精神上から云うても昨今日本の野球は余りに勝負に重きを措き過ぎているから種々の弊害がある。対手を怒らす様な拍手や弥次り方をしたり、悪口を云ったり、対手の行動を妨害する様な卑劣な行為が選手によって行われている」
野球 について、永井高等高師教授
「対外試合のごときは勝負に熱中したり、余り長い時間を費やすなど弊害を伴う」
野球 について、乃木希典学習院長
「連日の疲労は堆積し、一校の名誉の為に是非勝たなければならぬと云う重い責任の感が日夜選手の脳を圧迫し甚だしく頭に影響するは看易い理である」
野球 について、金子魁一東京大学医科整形医局長
「あんなにまでして(ここでは渡米試合のことを指す)野球をやらなければ教育ができぬというなれば、早稲田慶應義塾はぶっつぶして政府に請願し、適当なる教育機関を起こして貰うがいい。早稲田、慶應の野球万能論のごときは、あたかも妓夫や楼主が廃娼論に反対するがごときもので一顧の価値がない」
野球 について、磯部検三日本医学校幹事
「手の甲へ強い球を受けるため、その振動が脳に伝わって脳の作用を遅鈍にさせる」
野球 について、松見文平順天中学校校長
「野球の弊害四ヵ条。一、学生の大切な時間を浪費せしめる。二、疲労の結果勉強を怠る。三、慰労会などの名目の下に牛肉屋、西洋料理等へ上がって堕落の方へ近づいていく。四、体育としても野球は不完全なもので、主に右手で球を投げ、右手に力を入れて球を打つが故に右手のみ発達する」
野球 について、川田正澂府立第一中学校校長

戦後から現在まで[編集]

朝日新聞の裏切りにより表舞台から姿を消した野球害毒論はアンチ巨人などにより細々と伝えられていった。当然参加者は朝日新聞の購読をやめたという。唯一、本多勝一は朝日新聞社に潜入して野球害毒論の流布を続けたが、朝日本紙では書けず右手に持つ雑誌でキャンペーンを張るのが精一杯であった。

戦後、野球はアメリカの援助の下国民的スポーツにまで成長していった。その他のスポーツ愛好者や見たいテレビを見るのを邪魔された人にとってこれほど鬱陶しい状態はなかった。そこで人々は朝日新聞が残した遺産「野球脳」という言葉を旗頭としてまとまった組織は持たずゲリラのように野球害毒論を展開した。はじめは全く効果はなかったが何十年も続けていくうちに野球中継の視聴者は減り中継の延長が中止されたり、貧乏球団がつぶれたりした。現在その戦果によって野球害毒論者は勢いづき、身を寄せていたアンチ巨人から独立性を強め、野球というものがなくなるまで現在も戦い続けている。

主な参加者[編集]

アニメ・ドラマオタク、バラエティ中毒者
野球中継の延長により野球に恨みを持っている。現在一番運動を支えているのはこの層である。しかし、この層の目的である野球中継さえ廃止してしまえば野球自体の殲滅は狙わないという特徴を持つ。しかも野球アニメやドラマを作れば寝返る可能性もある。
反甲子園層
野球部(主に甲子園の影響)の隆盛により日陰に追いやられている弱小クラブ部員などがこの層に属する。特にサッカー部は、部員数では野球部を凌ぐ勢力として反甲子園層の巨頭となっている。この中には野球が苦手な人も含まれる。このグループは本気で野球をつぶすことを考えているが、自分たちの大会に○○甲子園とつけるなど野球部にあこがれている節もある。
球場近くの住民
球場の近くに住んでいる人たちはほとんどが野球好きになるはずであるが場外ホームランで屋根が壊れたりマナーの悪い球団のファンに因縁つけられたりと一番野球が存在することで迷惑を被っているので恨みは人一倍すごい。この派閥の急進派はプレイボールの音が聞こえるだけで虫唾が走るレベルであるが少なからず球場がある恩恵にはあずかりやすいポジションなので穏健派や野球大好き近隣住民などの説得にはすぐに折れる性質をもつ。
戦前の残党
昔の朝日新聞の洗脳めいた反対運動が頭にこびりつき未だに野球潰すべしと思っている老人がこの層に属する。正直言ってこの層が一番厄介だが寿命から考えると一番早く消滅するかもしれない。そんなことを防ぐために後継をこの層は探しているがもし見つかったとしても少なくともこの層に所属しないことは確かである。

手段[編集]

戦前・戦時中は朝日新聞が考えたデマからできた理論によって弾圧した。しかし、それは反対派によって事実無根と証明されてしまったのでえせ理論のレッテルが貼られ使えなくなってしまった。そこでゲリラ戦法としてマイナスのキャッチフレーズがどんどん作られることとなった。代表的なフレーズに野球脳という究極のマイナスキャッチフレーズがある。ゲリラ隊もこのフレーズ以上の物が作れなかったのでこの言葉だけは朝日新聞から引き継いだ。朝日新聞は消極的ではあるが賛成した。このフレーズによって野球をやっている人はバカというイメージを植えつけることに成功した。後にできたゲーム脳という言葉もこの野球脳という言葉からできたとされる。

主な例[編集]

[1] このサイトを見た焼き豚がブチギレして反論するが簡単に返される。
ただこれをサカ豚が見ると、記事内容をサッカーに置き換えてしまう人が一部いる。

  • 例)パリーグ3位が日本一→上位3チームがアジアにいけてしまうサッカー
  • 野球には知的な戦術がない→それ以前にどんな戦術がわからない
  • 野球で社会性は学べない→伊藤レオンを考えてしまう等・・・

総括[編集]

当然野球を愛する人々から野球害毒論は袋叩きにあっている。それは野球を愛するが故である。でも、野球が存在することによって起きる数々の不都合を彼らは無視している。それらの人の犠牲によって今の地位があることを忘れている。野球害毒論者も初めから野球が憎かったのではなく、自分が愛する物が野球によって蹂躙されているから立ち上がったのだ。それ自体を責めることは私にはとてもできない。

野球害毒論者も無遠慮な攻撃をしてはならないのは当然だが野球を愛する人々もそのような人たちに慈悲の心を持って思いやり、時には相手の話を聞き不平を少しでも解消するために働きかけるべきだろう。それは朝日新聞の寝返りによる偽りの休戦ではなく真の終戦のための第一歩になるはずだ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「野球害毒論」の項目を執筆しています。