野田犬

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「野田犬」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「野田憲太郎」の項目を執筆してくれています。

野田犬(のだけん)は、日本犬の犬種の1つ。日本では数種類しか居ないインターネットを理解する犬の一種であった。数々の、犬では到底考えられないような芸をするため、特にネット上を中心として知らないものはいないほどの知名度と人気を誇っている。絶滅危惧種・国定天然危険物となっていたが、2010年1月についに絶滅した。

歴史[編集]

野田犬は千葉県野田市において突然変異で出生した個体であり、絶滅危惧種に指定されていた。

特にウィキペディアンには非常に人気がある。「極めて重大」などと抜かしてこの犬を愛玩し続ける利用者が増加しており、ウィキペディアでは性質の似た犬との交配によって種を保存しようとする動きがあった。また間抜けなウィキペディアンに野田犬と称して問題のある犬を販売するペットショップが増加しており、社会問題化している。現在ではジミー・ウェールズの頭を悩ますことのひとつとなっている。

また2ちゃんねらーにも非常に人気が高い。野田犬関係のスレッドが乱立するほどである。これらのスレッドの大半は荒れているが、ウィキペディア関係のスレッドはたいてい荒れているので別段問題のある事ではない。ついでに言えば2ちゃんねるは「ぬるぽ」と「ガッ」が交互に繰り返されるスレッドを除いては全て荒れているか、過疎化しているので全く問題は無い。現在ではひろゆきの頭を悩まさないことのひとつとなっている。

絶滅後は、野田犬との10年と言うドラマを放送する。なお、奥州地方と琉球では放送しない。

特徴[編集]

野田犬は他の犬種と格段の違いがある。

  • 知能 - チンパンジーと同等か、それ以上。稚拙ながらなんと日本語の読み書きができ、ネットにも登場している。低知能の検閲により削除よりは頭はいいだろう。
  • 性質 - 神経質で極めて攻撃的。飼い犬としては柴犬よりは向かない。協調性はあまり無い。また妄想癖がある。自分が全て正しいと思い込み、異なるしつけをしようとするとやたらと人間に噛み付く癖がある。
  • 鳴声 - 「アホカ」「ザイニチ」「キカイホンヤクダロ」「ニホンゴガオカシイ」などいくつものバリエーションを持っている。イヌの鳴声は文化によって違うように、ウィキペディアン達にはこのように聞こえるようだ。

[編集]

  • ネット上のウィキを中心とする数々のコミュニティに書き込みを行うが、わずかに性質の問題(妄想癖がある・人になつかない等)により、ウィキペディアンにより追放と称して虐待される事がしばしばある。(追放されること自体を趣味としているもとする学説もある)現在は主に「あなたのためのペディア」という趣旨のウィキで保護されていたが、珍獣マニアによる乱獲がたたり絶滅寸前となっている。現在は、接触した人間の解説・分析を中心とした活動を行っている。また、リバート合戦を好むようである(これはウィキペディアンの性質を真似たものと言われる)。
  • ピアノ - これがこの犬種の最大の特徴である。チンパンジーがピアノの鍵盤をデタラメに叩く芸は、しばしば動物園のショーで見られるが、犬がピアノを弾く例は極めて珍しい。ただこの犬が演奏と称するものは、チンパンジーのそれと同等か、それ以上である。しかし性質に問題のあるこの犬種とその熱狂的なファンであるウィキペディアンからは「前衛音楽だ」と称しているそうである。
    • しかしながら、「犬」でもこれだけ弾ける様である。

命名者[編集]

Mixi上で「皆さーん、犬がきましたよー」という発言が残されており、恐らくは「彼」が命名者であると思われる。しかし、彼は犬ではなく「とらのあな梅田」を徘徊する虎であった。

関連項目[編集]