量子コンピュータ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「量子コンピュータ」の項目を執筆しています。
量子コンピュータの部品

量子コンピュータ (りょうし - ) は、を用いて並列性を実現する次世代のコンピュータ。2020年現在、実用的なレベルでのハードウェアの実現には至っていない。量子計算機とも言う。

概要[編集]

現在の一般的なコンピュータは、0と1の2種類の値しか持つことが出来ない。例えばメモリ上においては、電流が流れていない状態が0であり、流れている状態が1である。この0と1の値をたくさん組み合わせる事で、データを保存し、計算を行わせている。

しかし、何らかの方法で0と1の値を任意の割合で重ね合わせて保持することが出来れば――その詳細についてはここに書いたところでお前ら凡才どもにはどうせ理解できないだろうから省略するが――現在の最速スーパーコンピュータで数千年かかっても解けないような計算でも、例えば数十秒といった短い時間でこなすことが出来る。つまり、現在の暗号やパスワードに使われる素因数分解を瞬時に解読し無力化出来る。それこそが量子コンピュータである。

多くの科学者が「0と1の値を任意の割合で重ね合わせて保持することが出来る存在」を探し求めた結果、現在「箱に入った猫」(シュレーディンガーの猫)のみが唯一そうした存在として知られている。

問題点[編集]

量子コンピュータ実現の上で、最大の問題点はコストである。

現在の一般的なコンピュータは電気を消費するが、量子コンピュータは猫を消費する。実用レベルの量子コンピュータを稼働させるためには、猫を凄まじいペースで生産する必要がある。これは自然な方法によっては実現不可能なペースであるため、クローン技術などによる大量生産の実現や、あるいは猫以外の低コストの量子的存在を発見する必要があるが、どちらも実現には至っていない。

また、動物愛護団体の存在も量子コンピュータ実現の邪魔となっている。アメリカは量子コンピュータ実現のため多額の予算をとっているが、そうした予算の80%以上が動物愛護団体への接待に利用されていることはよく知られているところである。

他の問題として、ビル・ゲイツ氏の理解を得られなかったという点もあり、今後量子コンピュータが普及したとしても、WindowsOSを乗せてゲーミングマシンとして使えるようになる見込みは薄いと言われている[1]。この問題は他のOSを乗せた量子コンピュータにSOSして解決される見込みである。

そして、最も重大な問題は、量子コンピューターは内蔵される猫の攻撃によって現代の暗号システム(マウス暗号)を容易く破壊してしまうという点である。このため、量子コンピューターが完成した暁には、水を利用した新たな暗号システムの開発が急務となるものと思われる。また、この際暗号システムによって逆に内蔵される猫が攻撃を受ける場合も確認されており、(俗に言う窮鼠猫を噛む現象)こちらについても早期の改善・対策が必要であるとされる。

脚注[編集]

  1. ^ "ビル・ゲイツ氏が告白「量子コンピューターは理解できない」 ". BUSINESS INSIDER JAPAN (2017年4月26日). 2018年6月9日閲覧。

関連項目[編集]


NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
量子コンピュータの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)