金のなる木

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
金のなる木から転送)
移動先: 案内検索
金のなる木
Money Tree.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: モウカッテマッ科
: ボチボチデンナ Hyakunenme
: カネノナルキ H. ohdanna
学名
Hyakunenme ohdanna
和名
フチベニベンケイ

金のなる木(カネノナルキ、学名:Hyakunenme ohdanna)は、吉本興業が枯らさないように栽培している演芸園芸植物。別名はカゲツ花月)、オウゴンカゲツ(黄金花月)。 標準和名はフチベニベンケイ(縁紅弁慶)であるが内弁慶」(ひきこもりのような名前なので使われることはほとんど無い。

概要[編集]

通常、動植物に関わらず飼育・栽培を始めるには、親の代からの増殖や種子の購入が必要となる。しかし、吉本興業の金のなる木の場合は、育ててもらうことを希望する人間が、鴨が葱背負って吉本総合芸能学院(NSC)に負担金をつけて、種子を持ち込むのが通例となっている。

吉本興業では、それらの種子をひとまとめにして、専門の栽培者をつけ丹念に栽培を行う。一部は、芽が出ずに脱落してしまうこともあるが、誰も気にしないと言われている

育ち始めた金のなる木の一部は、別名となっている温室花月に出して、その出来について評価を行うシステムを取っている。この花月デビューのとき、金がかかる肥料は与えないようにして、厳しい環境でも順調に育つものだけを選び出す。

一説には金のなる木には、花を咲かせやすい系統と咲かせにくい系統があるという[1]。吉本興業が持つ「花を咲かせやすい系統を選び出す」能力は、同業他社より優れていると定評があると言われている[2]

品種[編集]

温室花月での展示販売、テレビショッピングなどで売れている品種として、以下のものがある(50音順)。

イルヨクルヨ
幹は太っ腹で原色系の色である。1970年代から売れている品種である。
オリラジ
鳴り物入りで売り出された期待の新品種であったがあまり売れなかった。近年は他の品種の添え物として売られているらしい。
ガレッジ
やたらと毛の多い枝ほとんど目立たない枝がある。一時期、不気味に飾り立てた姿が珍重された。
キムニイ
3回交配して、3回とも失敗した。鍋料理を作ると大変おいしいらしい。
キヨシ
小さなころからこつこつと育った。国会に植えられていたこともあるが、その後シーランド公国から伯爵位をもらった。
キリン
ビールではない。公園うんこを肥料として、文字通りに「金儲けの木」になった。
ケッシタイ
物騒な名前であるが、その果実は意外と美味く「倍食おう」というCMでも知られている。
サンシ
玄関先においておくと人が来たときに「イラッシャーイ」と音を立てる品種。
サンマ
最も売れている品種の一つ。が出やすい品種で、常に葉音を出して騒がしい。
ジミー
売り上げは、名のとおり地味。1996年に狂い咲きし、岡本太郎も誉めた色鮮やかな花を咲かせた。
シンスケ
単独でも良く売れているが、つけた果実も好評である。集乳浸の流行はお化果ブームを引き起こした。
ジンナイ
獲詐槐(かくさこん)という実をつけていたが、あえなく落果した。(今は売れているのか不明)
ナイナイ
ぐるぐるでめちゃ×2な品種。それだけ。
ナンキャン
きもい雄花とでっかい雌花が特徴的。雄花と雌花は交配できないらしい。
ニカク
毎週土曜日の昼には某国営放送で「視覚を丸くする」番組に出品されている。
ブンチン
大学で栽培されたり、空を飛んだりする品種。シンスケと相性が悪いので、寄せ植えは不可能である。
Wコウジ
東の品種今の品種の接木品種。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ Yahoo!知恵袋 金のなる木・花の咲かせ方
  2. ^ 「単に数打ちゃ当る」という評価は、他社の妬みであろう。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カネノナルキ」の項目を執筆しています。
この項目「カネノナルキ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)