金属泥棒

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「金属泥棒」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

金属泥棒(きんぞくどろぼう)とは、金属に陶酔し、窃盗してでも金属を手に入れたいと考えるようになった人種のことである。また、そのような人種が行った金属窃盗の意味としても使われる。

概要[編集]

金属を盗まれないように南京錠をかけたら、鍵ごと盗まれたでござるの巻。

2000年代後半に入り、電線をはじめとして、公園の車止めや墓地の線香皿、ビニールハウスに付設された空調施設の油槽の蓋などありとあらゆる金属が盗まれる事件が相次いで起こった。

これらの事件の被害が広範にわたったのは、メディアによる安易な報道が原因である。当時は特に話題性のある(マスコミのいかにも好きそうな)事件がなかったため、その手口や金属の市場価格を面白おかしく報道することでテレビが見放されるのを防いでいたのである。

おかげで、金属を褐色の紙切れと交換する目的で金属を盗む素人が続発した。これは崇高なる金属に対する冒涜である。

一説には公安委員会による情報操作により、金銭を目的としない従来の金属泥棒の摘発は一切報道されず、穏便かつ秘密裏に処理されたという噂も流れているが、真相を知る者は表向きには存在しない。

歴史[編集]

鳥の巣(金属の行き先)

金属泥棒という呼称が使用されるようになったのは2000年代後半に入ってからである。

それ以前については公式的な記録は存在しない。だが、金属加工技術が伝わった弥生時代から既に金属の魔力にとり憑かれた者は存在していたはずである。今日でも、には人を惹きつける力があり、貴金属の輝きは地獄に垂れた蜘蛛の糸のように稀有で尊く、卑金属の儚さは諸行無常と言う他はない。この論に意が唱えられたとするならば、この世界に金属が存在することや金属製の武器で戦争が行われていることの根本的な理由が欠如し、ひいては人類がここまで発展した理由も失われるだろう。

時は移り変わり、2006年。2年後の北京オリンピックを控えた中華人民共和国では金属の需要が急激に高まった。建設ラッシュも原因の一つだが、これまでは四川大地震で露呈したように姉歯一級建築士もびっくりの設計で建設が行われ、建設現場で更に鉄筋が減らされていたのだから当然である。さすがに、世界の注目が集まる中で建物が倒壊してしまってはたまらないだろう。

これにより世界的な金属の需要が高まり、金属価格も高騰した。これに目をつけたのが悪辣なる廃材転売業者であり、犯罪集団である。金属を扱う作法のいろはすら知らない下劣な輩は、欲にまみれた薄汚い紙切れのために金属を窃盗し、売り飛ばしたのである。下賤な転売業者はこれに味をしめたのか、北京オリンピックが終了した2008年まで断続的に続けられた。

なお、2009年現在は金属の価格が暴落しているため、金銭目的での窃盗はほぼなくなった。のみならず、金属の匂いで絶頂にぴーすることができる金属愛好家も警戒が強化されたせいでうかつに行うことができなくなった。時々報道されるのは、事情も知らずに昔の報道を鵜呑みにした素人が行った事例のみである。しかしながら鉄の価格は少しはまともになっている上に非鉄については価値がそこそこある為、以前までとはいえないが銅線や真鍮の盗難は発生している。

手口[編集]

電線(初級編)
工事現場や資材置き場へ行き、電線を失敬する。危険な手間もなく、あまり目立たずに実行できる。
電線(上級編)
配電線を盗む方法。まず、なるべく人がいない地域の配電線に目星をつける。低圧配電線が望ましいが、十分な絶縁装備を用意できるのなら高圧配電線を狙うのもいいだろう。
車止め
公園や店舗の駐車場などで入手可能。南京錠で固定されている場合もあるが、簡単に壊せるので難易度自体は低い。ただし、人通りがある場所がほとんどのため、警戒が必要である。
半鐘
主に田舎の物見櫓にぶら下がっている、重量が多い割に盗難防止対策を取っていないので元とび職の朝鮮人などに人気が高く、いざ火事が起きた時に村人が叩こうとすると無くなっていることが多い。
産地として有名なのは茨城県や、埼玉県など。
釣鐘、仏像
主に仏閣で入手できる。年季の入った青錆が見られる物が特に人気が高い。なお、仏像に関しては木製も窃盗する不届き者がいるらしいが、そいつはだだの文化財泥棒である。
硬貨
目出し帽をかぶり、なんらかの武器(銃器が望ましいが、刃物でも構わない)と硬貨運搬手段を用意する。あとは、銀行強盗と同じようにやればよい。なお、硬貨より紙幣を奪ったほうが効率よく金属を入手できるのは言うまでもないが、程よい風合いを醸し出した金属に愛着を覚える者は少なくない。
鉄板・グレーチング
山奥の現場や近所の工事現場等に保管されているものを、いかにも関係者を装いクレーンで堂々と持っていく手口。セコムしてますか?

関連項目[編集]