金栗四三

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

金栗四三(かなぐりしそう、もしくはかなくりしぞう)とは日本のマラソンの父であり、当時最短現在も最長のマラソン記録を出した日本マラソン界の金字塔である。

略歴[編集]

金栗四三は熊本県玉名市(旧玉名郡)に生まれ、筑波大学に進学する。彼は自宅から湯島にある筑波大学までを駆け抜ける快感に目覚め、筑波大学内ではマラソンを練習するようになる。彼の努力は実り、1911年に行われたストックホルムオリンピック予選マラソンでは足袋という日本の方法で世界を駆け抜けた。彼の走りは筑波大学を越え世界記録も越えた。その記録は2時間32分45秒であり、3時間の壁と謳われた壁も何の気なしに駆け抜けてしまったのである。

彼はオリンピック日本代表としてストックホルムに向かった。しかし彼は到着するやいなや空港から駆け出してゆき、迎えに来た車が1時間待っても空港口に来なかったあいだ、彼は競技場で整理運動を行っていたという逸話も残されている。だが彼にも勝てなかったことがあった。それは食べ物日光だった。当時選手に供された食事は、少なくとも日本人にとっては(好みの問題もあるだろうが)劣悪なもので、とても喉を通るものではなかったのである。金栗はこうして空腹のまま競技に挑んだ。そして一日中照らされた競技場は予想の暑さを遥かに超越し、競技を見に来た人を倒し、道中の木陰で休んでいた応援の人々をなぎ倒し、そしてマラソン選手もなぎ倒した。金栗四三も例に漏れず、世界の壁は越えられても気温の壁は乗り越えられないまま、意識朦朧とし、倒れる寸前となったのである。「暑い…喉が渇いた…そして腹が減った。」

そんな彼を優しく迎えてくれたのは、付近の農家であった。「大丈夫ですか? 美味しいお菓子とお茶がありますよ。」スウェーデン語を解さない金栗であったが、確かにそんな声を聞いた。そして彼はふらふらになりながらも、誘われるままにお菓子とお茶を御馳走になった。そしてようやく渇きと空腹を満たした金栗は、安堵したかのようにその場で意識を失った。そして翌日、彼はその農家で目を覚ました。農家の人々は見慣れない顔であり、みな挙って質問に押しかけた。金栗は丁寧に受け答えし、マラソンをしに来た人とは思えない日々を過ごした。彼は惜しまれながら帰国し、帰国した折、日本の人々から「どうだった?」と尋ねられた。そこで彼は始めてストックホルムに行った目的を思い出したのである、「お茶を飲みに行ったわけではない」と。

その後は彼は様々な大会に出場したものの、あまりいい結果は出せなかった。彼はパリ大会を最後に引退し、日本のマラソン界の発展に努めた。熊本県の教育委員会委員長になるなど教育に尽力し、現在のマラソン選手を築きあげたのも彼である。そんな中1967年3月、ストックホルム大会55周年記念式典が行われ、彼も呼ばれた。オリンピックは金栗のことを「マラソン途中で行方不明になった日本人」とされ、ストックホルムならずヨーロッパの伝説として言われていた。だが彼が現れたことで人々は驚愕した。オリンピック委員会はどうせだからゴールをさせようと提案、老体の金栗は競技場を走りゴールを果たした。その記録54年8ヶ月6日5時間32分20秒3。彼は世界マラソンの最短記録と最長記録を塗り替えた空前絶後の人物となった。

注:アンサイクロペディアは、嘘と出鱈目にまみれています。
ここに書かれた内容も嘘や出鱈目である可能性が高いです。
…と、言いたい所ですが、アンサイクロペディアにあるまじき事態なのだが……「54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3」というマラソンの最長記録は、れっきとした事実として存在する記録である。

功績[編集]

彼の残した功績として箱根駅伝が挙げられる。彼の尽力によって今後自分のように世界最長世界最短を目指してほしいという気持ちからである。現在では関東のローカルマラソンという枠を越え正月の風物詩として親しまれているほどのものである。そんな風物詩を作り上げた彼もまた、日本に名前を刻みつけていると言えよう。この箱根駅伝では特別賞として金栗四三賞もあり、駅伝中最優秀選手に贈られる名誉ある賞となっている。他にも彼の出生地玉名市や熊本県では彼の名前を冠した大会があったり、玉名市の競技場はKKウィングという彼の名前をモチーフとした名前になっている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「金栗四三」の項目を執筆しています。


ExSport.png この項目「金栗四三」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)