金沢文庫

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「金沢文庫駅」の項目を執筆しています。

金沢文庫(かなざわうんこ)とは、京浜急行電鉄沿線で生まれ育った子供が自らの「常識」と世間の「常識」には差があるということを骨の髄から理解するための通過儀礼に使用される単語である。

通常、京急沿線で育った男子(一部の女子も)は、口を両手の指で開いて「金沢文庫」と発音すると「文庫」が「うんこ」に聞こえるという遊びを常識として体得している。ところが、彼(彼女)が大学生あるいは社会人になって、京急沿線以外の住民と交流が生じた際に懐かしネタを披露し合っているときに悲劇は生まれる。

通常、彼(彼女)はこの遊びが京急沿線独特のものであると考えている。なんとなれば、「金沢文庫」などというマイナーな駅名を他の路線の沿線住民が知るはずもないからである。しかし、彼(彼女)がそのネタを披露して、「京急沿線の人にしかわからないと思いますが」と得意げに言った途端、場は重苦しい空気に包まれる。そして、通常、彼(彼女)と最も親しい友人が「いや、それ、普通は『学級文庫』でやるネタなんだけど……」と引導を渡す。

この瞬間のいたたまれなさは、日本シリーズの勝者としてアジアシリーズに出たのに韓国代表にあっさり負けたチームのようである。

神奈川県立金沢文庫[編集]

金沢文庫駅に併設されている、伊藤博文が再建した日本初の図書館神奈川県が運営している。その名のとおり、文庫本のみを収集している点が特徴であり、庶民に親しまれてきた。近年、ライトノベルの急速な侵略を受けている。

関連項目[編集]


Gomen.jpg この「金沢文庫駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)