金 (ネオ元素)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
金(Gold)
一般特性
名称, 記号, 番号 , Go, 38
分類 金属
族, 周期 2, 5
密度 19.5 g/cm3
金色
原子特性
原子量 65 amu
原子半径 97 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

(Gold,Kim)とは、原子番号38番のネオ元素。ネオ元素記号はGo

性質[編集]

ネオ元素のひとつであり、ネオ純金属類に属する。 単体は黄金色に光り輝き、光の反射率が高いため、非常に綺麗である。

また、他の元素との反応が小さいことも金の特徴である。

発見[編集]

かつて北朝鮮では、以前から新しい元素を見つけようと必死になっていた。 もしも見つけられなければ、全世界から馬鹿にされることは北朝鮮も知っていたからである。

今から数十年前、金は北朝鮮のとある研究所で発見された。シニウムを媒体に、ウンウンカルシウムを高熱で液体状にしたものを静かに流し込むと、そこには光り輝く金属が僅かであったが発見された。 それから数ヵ月後、その光り輝く金属はまだ誰も発見していないネオ元素であることがわかった。 発見した研究所側は、当時の将軍である金正日の名前をとって金と名づけたのであった。

しかし、それだけでは終わらなかったのである。 北朝鮮がテポドン日本海に撃ち込んだために、他の国は激怒し、科学的な面で対抗心を燃やし、金にとってかわる元素を探し求めた。

その結果、5カ国()共同研究班が 新しいネオ元素をただ1種類だけ発見し、それをと名づけたという話はあまりにも有名である。

また、この元素の合成には、後に磁素が必要だということが分かった。 よって、この化学反応式を表すと、

  • Sn + Uuc + Mg → 2Go + 熱エネルギー

ということが知られている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。
この項目「金 (ネオ元素)」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)