鉄ヲタ病

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
鉄分過剰
このページには鉄分が過剰なので栄養のバランスが崩れています。
DHMOの摂取やバランスの良い食事をすることを心がけ、鉄分が偏らないように注意してください。

鉄ヲタ病(てつ-びょう、The sick IronistまたはExathlon syndrome)とは精神病の一種である。身体的障害を伴うことが多い。

概要[編集]

産業革命以降すなわち鉄道の発明以来、古今東西において鉄道に関する一部または全部を偏愛する者は後を絶たず、心ない人々から「汚鉄」「鉄汚多/鉄汚太」「鉄子」とも呼ばれ、蔑まれてきた一方、それらの蔑称をむしろ誇りとする鉄道オタク枕木の本数ほども存在し、自らの病気を誇る意味で「鉄ヲタ病」と自称した。その正式名称は「鉄道偏愛車輛狂恋切符大好離無務駅舎運製発反時刻表厄辛照弁当症候群」とされており(WHOによる)、この病気の内容をもっともよく表していると言われているが、何にしてもあまりに長すぎる名前が当然のごとく不便であり、便宜上「鉄ヲタ病」と正式な略称として命名されたのであったが、その由来について誰も気にしないのは仕様である。かくして世界を席巻した鉄ヲタ病はAIDS狂牛病に匹敵する難病としてWHO(Who is Hospital Officer?、世界医療責任者追及機構、直訳すると「医療責任者は誰なんだ?」となる)がその防疫対策に追われている。[不要出典]

症状[編集]

「俺、一日に10本以上鉄道記事を書かないと爆発しちゃうんだ!」
鉄ヲタ病 について、パクマンさん

鉄ヲタ病患者に見られる症状には、以下の行動が多く見られる。

  1. 服装や持ち物が、普通の人と異なっている。いや異なっているどころではなく異常である。
  2. 同じ鉄道趣味以外の友達がほとんいなく、鉄道を趣味としない異性の友達は居ない。当然、恋人もいない。
  3. 異常なコレクターであり、部屋の中やバッグの中まで無駄なもので満ちている。
  4. 粘着質ゆえ、鉄道と何の関係もない記事に鉄道ネタを盛り込んだ加筆をする。
  5. カメラビデオに執着を持ち、なんらユーモアの見られない鉄道画像(主に自身が撮影したもの)を貼りつけたがる。
  6. 当然のごとく貼りつけられたNRVにキレ、NRVを貼りつけた利用者の会話ページに文句をつける。が、その大半は「いかに自分が鉄道を愛しているか」の主張であり、往々にして無視される。
  7. 加筆せずにNRVを剥がし、投稿ブロックを食らったらアカウントを乗り換える。それがバレて無期限ブロックを食らってもあの手この手でアカウントを乗り換え続け、鉄道記事を粗製乱造する。
  8. その繰り返し。そして、なぜか一度書いた記事に加筆はしない

また、鉄道系のエクストリーム・スポーツに手を染める患者が多いのも鉄ヲタ病の特徴である。

一部の患者は目立たないカバンでも必ず見つけ、置き引きをする。

また、この病は空気感染をするため、汚染を防ぐために疾病者は一般人から隔離される。それと同時に「粘り着くで症」「気持ち悪いで症」を発症することも多い。また身体的障害としては、「デブで症」「白いで症」「臭いで症」「ダサいで症」も発症する事から、もういっそのこと「文字通り枕木として利用しよう」という革命的なプロジェクトが進められている

治療法[編集]

医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

鉄ヲタ病について現在判明しているのは症状についてのみであり、そういう行動を取る気違いどもをとりあえず鉄ヲタ病と定義づけてみただけのことであって、その治療の方法および症状の軽減については誰も考えたことさえないために解明されていない。それでも別に(ごく一部の公僕を除いて)誰も困っていないため、なかったこととされがちであるが、過去に試行錯誤の結果、偶然に成功した治療法がないでもない。

  1. 患者本人に自分の書いた記事を見せる。
  2. その「独りよがりっぷり」を自覚させるため、集中治療室へ連れて行く。
  3. 脳髄をたっぷりと洗浄し、いつも愛飲している仔猫の代わりにユーモアを多量に摂取させたら、再び自分の書いた記事を見せる。
  4. もし鉄ヲタ病が治癒していれば、その低品質ぶりと自分のどうしようもなさに絶望し、自らの存在を消し去るだろう。

以上、これは非常に効果の高い治療法であるが、鉄ヲタ病の治癒はそのままを意味するため、現代医療においては症状の進行を遅らせることしか出来ず、鉄ヲタ病が不治の病と言われているゆえんである。

鉄ヲタ病患者の一覧[編集]

この節を書いた人は当局により粛清されました

関連項目[編集]

Koba-chan-logo.png鉄道好きが高じてこの利用者はRailwikiに登録していました。
「この切符を持って、転地療養の旅に出るがいい。」
鉄ヲタ病 について、医者


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「鉄ヲタ病」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)