鉄人28号

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

鉄人28号(てつじんにじゅうはちごう)とは、色々と偉大なロボットである。 米題はGigantor(ジャイゲンター)と、なんか悪役みたいになっている。

内容[編集]

  • 偉大なことに、最初のデブ巨大ロボットアニメに分類されたロボットである
  • 偉大なことに、(構造的な)太っ腹
  • 偉大なことに、OPの前に「グリコ劇場」と叫ぶ、儀式がある
  • 偉大なことに、FXは原作者から「鉄人がガンダムのようだぁぁぁ。」と嘆かれた

登場人物[編集]

金田正太郎
主人公でもある半ズボン探偵。ジジイになっても元気である。偉大なる、ショタコンの語源様である。
大塚署長
いい歳こいたおっさんだが、ガキンチョの正太郎よりバカ、アホ、間抜け………。実は、ただのショタコン。
不乱拳酒多飲博士
不乱拳酒多飲はフランケンシュタインと読む。しかし、実際は、数回生き返っているから、ゾンビの方が近い。

登場ロボット[編集]

鉄人28号
偉大なる青デブロボット。デブなのに強いのは力士と同じ原理である。小さな黄色いマシーンで空を飛ぶという、実に妙な特技を習得している。FXの時代でも戦い、おじいちゃんが今時のヤクザに突っ込むような魂を見せ付けた。
鉄人27号
バリバリと(暴走族的な意味で)暴走して街をメチャクチャにしたが、(いちゃった意味で)暴走した弟(28号)に惨殺される。ドンマ~イ☆
鉄人26号
ウィキペディアでは、『人間サイズでバケツをひっくり返したような円筒形のロボット』と紹介されていたが、さっぱり意味がわからない説明。鉄人、こんなことを書いた奴に凶育してやれっ!!
ブラックオックス
偉大なる黒デブロボット。だけど、どんなシリーズでも最後は必ずバラバラ♪
ギルバート
「頭のチクチクがウザい」と因縁づけられて、青いデブと黒いデブにリンチされ、惨殺される。
太陽の使者鉄人28号
リメイク版。ハッキリ言ってこっちの方が格好良い。正太郎は初代・岬太郎
鉄人28号FX
FXとは「Future X(未知なる未来)」という意味であるらしいが、「X」って何だよ!!数学の「χ」みたいじゃないか!!
鉄人29号OX
不乱拳酒多飲のクローンのプロレス技みたいな名前の奴が造ったブラックオックスのパチモン。見た目はミッキーと中国の二セミッキー級に似てない。
鉄人30号ミラクル・ビー
双葉さんがデッカイロボットを扱うと暴走するので、小さい。鉄人シリーズの集大成なのに、小さい。ガックリするほど、小さい。
鉄人17号フェニックス
FXの背中にくっついて、ハイスピードびゅーんさせる赤い鳥のようなロボット。決して火の鳥ではない。
X33
先っぽにドリルがついた、偉大すぎる戦闘機。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鉄人28号」の項目を執筆しています。
Quqpacmanlogo3.png
鉄人28号が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/ロボット」へ収録されています。