鉄道の日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

鉄道の日(てつどうのひ)とは、鉄道教徒にとってもっとも聖なる日。10月14日

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鉄道の日」の項目を執筆しています。

日本鉄道ができたのは北海道茅沼炭鉱軌道であったが、なぜかこのことは黒歴史に葬り去られている。その後5月7日品川駅旧横浜駅で開業したがこれも黒歴史となった。その後ようやく9月12日旧新橋駅旧横浜駅の間で開業し、その後新暦が出来て10月14日になった。この通り、鉄道開業の日付は非常にいい加減で、どれが正しいのか分からないのだが誰も気にしない。その後長らくこの日は「鉄道記念日」として国鉄関係者が祝う日となった。この理由としては

  • 旧官鉄の開業だったから。
  • 私鉄各社を祝う日ではないから。
  • 単に私鉄がアレだったから。
  • 鉄道教徒の利権を国鉄が独り占めしたかったから。

が挙げられる。 しかし私鉄を祝う日がなかったことに怒りを燃やした私鉄派の信者が運動を起こし、それにアンチJR西日本民鉄協関係者が運動し、さらに選挙権がある鉄道教徒に恩を売って票を確保したい運輸省関係者によってこの「鉄道事業者全体が祝う日」となった。

この日に巡礼するべき聖地[編集]

その他、鉄道車両基地等である。

東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「鉄道の日」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)