鉄道関係の2ちゃんねる用語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Souji.png
2ちゃんねる警告
この記事は2ちゃんねるに精通した人しか面白さを理解できない内輪ネタのようです。
2ちゃんねるネタを2ちゃんねるネタであると理解できないと(この記事を楽しむのは)難しいんだな。
記事を改良しないといけないだろ、常識的に考えて……
Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「鉄道関係の俗称」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました
Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「列車の俗称」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました
Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「鉄道路線や駅・施設に関する俗称」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました
Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「鉄道車両・船舶の俗称」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました

鉄道関係の2ちゃんねる用語(てつどうかんけいのにちゃんようご)は、鉄道の路線車両・鉄道総合・鉄道模型・海外の鉄道・鉄道事業者・危険な鉄ヲタなど、大人の事情からくそまじめな百科事典には掲載できないような、哀称族称蔑称等を指す。

歴史[編集]

鉄道掲示板に氾濫する2ちゃんねる用語

鉄道業における2ちゃんねる用語使用の歴史は、非常に古く、ひどいインターネット日本電気鉄道での罵倒が行われる以前から見られる。明治16年には、ナイトクラブなどのハイカラな建造物が大量に立ち並ぶ埼玉県の田舎町で、昭和7年にも愛知県の寒村で、駅名が「ブチ上げ」と命名された。前者は空間鉄道の開業時に、東京駅の劣化コピーな駅を空中浮揚させたのを記念して「あげ(ぉ」と改称された。後者も、のちに「上ゲ」と改称された。また、日本のハッテンと共に大量輸送が必要になってきた1960年代には、車体にでっかく「ワラ」と書かれた貨車が存在していた。

しかし2ちゃんねる用語の使用は決して歓迎されるものではなく、前述のワラ1型有蓋貨車は、その後「鶴見事故は笑えた!」などと大書されたウソ電が作られたこともあり世間の轟々たる非難を浴び、ヨン様ブームの際に、汚物車を意味する、うんこ色の帯をつけられて本州から追放されている。あげ(ぉ 駅も、電車が遅れたことから戦争が勃発したハードボイルドな駅として日本の鉄道死に悪名を轟かしている。

言語[編集]

日本語に類似する言語で記述されているが、一部では日本語とかけ離れた文字や記号が使用されており、象形文字への回帰も見られるなど、日本語と異質な要素を多く含んでいることから、日本語として認めない学説も多い。2ちゃんねる用語否定論者の多くは、琉球語やアイヌ語を日本語から分離し、ゆくゆくは日本から独(ry。

一方で、日本語の誤字や文字化けなどを除けば、ほとんどは日本語としても罵倒語や誹謗中傷として意味が通じるともいわれる。鉄道関係の用語にこうした誤字の混入が多いことから、最近禿に買収されたノイズだらけの鉄道電話や、なにが書いてあるかわからないATOS情報表示、またアキバエクスプレス関東鉄道が、電車だと毒電波をまきちらすため蒸気機関車での運行を21世紀になっても行っていることなど、鉄道固有の技術的な問題により訛りが出ているものという説もある。

現在では、2ちゃんねる用語の生成・記述は、人外の生物どころか、スクリプトが自動的に生成した言語ではないかと考えられている[要出典]

発音[編集]

文語体では、グモッチュイーーン、アッーー!、あぼぼぼぼ、など、日本人、なかには人類のどんな人種にも発声不可能と考えられる単語がいくつもみられる。口語の2ちゃんねる用語では、発声不能なボボンを略す(先例では「グモ」など)もしくは、類似する適当な日本語に置換する(「あーーっ!」など)ことで人類にも発音が可能になっている。

社会問題[編集]

なお、くそまじめな百科事典では言論弾圧の対象となっているらしく、「日本語でぉk」「VIPPER自重wwwwwww」などと編集要約に書かれてひっこ抜かれる。しかし、抜かれた草の20倍以上の勢いでまた草が生えてくるため、放置すると記事内容がすぐにwwwwwwwwwwwwwwwwwで埋め尽くされる結果となる。

最近使用された除草剤は自己増殖能力を持っており、草が生えた量に応じて除草剤が自然発生するようになっていた。しかしこれが、草以外のぴーなどもひっこ抜いていることがわかり、一部では使用が禁止されている。

藤爆(正式名称 藤井寺に急行を止めなければぴーする)など一部の用語は、言及するだけで一般人に多大な危害を与えるため、まともな2ch用語百科事典でも正式名称で書くことが法律で禁じられており、言論の自由を定めた憲法に違反するとの声がある。

外部リンク[編集]