銀座駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「銀座駅」の項目を執筆しています。

銀座駅(ぎんざえき)とは、東京メトロであり、3路線が乗り入れる重要な駅である。しかしながら存在感は薄い駅である。

概要[編集]

出口が色々あり、出入りしやすい。また略称(いわゆる電略)はキン。銀ではない。また、副駅名は「松屋・三越前」[1]である。ただし当然、三越前駅とは別物。

日本地価が高いところに位置するが、この駅はJRではないためか、重要さは存在感のない有楽町駅よりも下である。ただ、その名の通り銀座地区の中心に位置しているので、買物はたくさん出来る。まあ高すぎてろくな買い物も食事もできないのが事実だが。

第二次世界大戦では派手に破壊された。さらに、水道管もやられたため、復旧は遅れた。駅構内は天井が狭い。

乗り入れ路線[編集]

3路線も利用可能なので便利。

乗り換えなしで上野浅草新宿池袋渋谷北千住など各所に行ける。逆に言えば乗り換えなしで各所から来られる。さらには、当駅は地下鉄同士の乗り換えもそこそこ便利である。丸ノ内線と銀座線の乗り換えは通路をある程度歩く必要があるが。

丸ノ内線は発車メロディを導入していたが、最近は銀座線も「銀座カンカン娘」を編曲した物を導入した。日比谷線はどうなる…?

周辺[編集]

たくさんの店があり、買物に困ることはない。ただし、気づけばお金をたっぷり使っていて帰りの運賃が払えない…、といったことがよくあり、そこでキセル乗車無賃乗車をして捕まる人が多い[要出典]ので注意。犯罪なのでやらないように。もしやって捕まっても、アンサイクロペディアは一切の責任を負いません。

  • 松屋銀座店
  • 三越銀座店
  • 伊東屋銀座本店
  • 松坂屋銀座本店(松屋とごっちゃになる)
  • 銀座和光
  • プランタン銀座
  • ユニクロ

書ききれないので、頭の硬い方も参照。

周辺の駅[編集]

銀座駅と日比谷駅は非常に近い

連絡運輸を行っていないが、以下の駅が近くにある。東京は狭いね~。

隣の駅[編集]

銀座線
新橋駅 - 銀座駅 - 京橋駅
丸ノ内線
東京駅 - 銀座駅 - 霞ヶ関駅
日比谷線
東銀座駅 - 銀座駅 - 日比谷駅

脚注[編集]

  1. ^ 日比谷線での案内。なぜか丸ノ内線では案内せず、銀座線は「三越・松屋前」と逆になっている。
  2. ^ 日比谷駅経由

関連項目[編集]


Gomen.jpg この「銀座駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)