銀河鉄道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「銀河鉄道」の項目を執筆しています。

銀河鉄道(ぎんがてつどう)とは、超長距離路線からローカル路線までを運営する鉄道会社である。

沿革[編集]

銀河鉄道の一般的な乗車券

1924年 宮沢賢治を初代総裁としてイーハトーブ鉄道を設立
1931年 伝説のトレインサーファー又三郎出現
1933年 社名を現在の'銀河鉄道に改称し、株式会社へと改組
1978年 アンドロメダ線開通
1997年 ジョバンニによるM&A騒動勃発
2002年 いわて銀河鉄道開通。社長に大川栄策が就任
2111年 廃止

主な路線[編集]

JR東日本の運行する列車。C62は売ってもらえなかった。
アンドロメダ線(通称銀河鉄道999
超長距離列車。超ハイテク蒸気機関車を採用。小太りで超ガングロ、目玉ばかりがギョロギョロ光る謎の男が車掌を勤めることでも有名。車掌の言うことを聞かない客は手動ドアから車外へ放り出される。あまりに長距離を走るうえに、しばしば宇宙海賊に襲撃されるなど、命がいくつあっても足らないくらいの危険があるためか、乗客減に悩まされ、廃線も検討されている。終着駅までは数ヶ月から数年かかると言われている。途中で客車が何両か損壊してるが、終点についた時点で減ってる様子は無い。
銀河鉄道の夜
夜行列車。銀河ステーション発。ハシッシと呼ばれる特別切符を購入して乗車する。食堂車に「注文の多い料理店」を併設。コックが色々と客に注文してくるので、この食堂車では出されたものはおとなしく食べた方が身のためである。この路線はトレインサーファーにも人気が高く、この鉄道に好んで乗るものを「風の又三郎」と呼ぶ。
インターギャラクシーレールIGRいわて銀河鉄道
17駅営業キロ82kmのローカル線。ドアはボタンを押して自分で開けるのが鉄の掟らしい。しかも、開くドアと開かないドアがあるらしく、アラビアンナイトもビックリの仕様である。こっちの方がよっぽど廃線の心配が大かも。路線は県境の川でスッパリと切れており、対岸からは青い森鉄道という森林鉄道が伸びている。
ふるさと銀河線北海道ちほく高原鉄道
33駅営業キロ140kmのどローカル線。鈴木宗男の肝入りで無理矢理存続させた鉄道であったが文字通り金を失ったため、惜しまれつつ廃線。
天の川鉄道

夜行列車・特急列車・普通列車とバラエティーな列車が走っていたがつい最近廃線となった。さよなら運転には開業当初から使われている蒸気機関車と豪華な特急車両が使用されたようである[要出典]

関連項目[編集]

JR東海区間は短編成化が著しく、車内混雑が深刻である。

外部リンク[編集]

銀河鉄道物語第一期公式サイト
銀河鉄道物語~忘れられた時の惑星~&~永遠への分岐点~公式サイト


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「銀河鉄道」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)