銃創

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

銃創(じゅうそう、Guns Shold be a Wish、GSW)とはが創りえるものである。自由革命民主主義社会主義などがそれである。医学的には射創(しゃそう、Gun Shot Well-done、GSW)と呼ばれる。ここでは銃が人体に与える損傷について記述する。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「銃創」の項目を執筆しています。

殺傷能力の算出[編集]

銃の殺傷能力はニュートン力学的に等速直線運動をする物体の運動エネルギーの算出と同様に求めることができる。

  mは弾頭の質量、vは弾頭の速度(KgM)、nは被弾数
≥2.6  Sは弾頭の底面積(KgM/cm
これにより殺傷能力有りと認められる。

ただし、これは日本の警察の基準である。さらに正確に殺傷能力を算出するには、空気抵抗(air brake)、弾頭を構成する金属の種類(鉛係数、銅係数などmetal coefficient)、弾頭の形状(body line)、重傷者の胃酸や保有菌や便など射創を汚染する要因(GSW pollution)などが関わってくるが、これらの数値、計算式は軍事機密で公開されていない(top secret)。

射創の種類[編集]

損傷状況による分類[編集]

射創は損傷状況ごとに以下のように分類される。

擦過射創(hiyari GSW)
弾頭が人体表面を擦過して生じる。衣服や脂肪量(fats)により軽減されることもある。痛い(painful)。
貫通射創(perforating GSW)
弾頭は身体を貫通し、射入口(entrance GSW)と射出口(exit wound)生じる。重傷である(hopeless)。
盲管射創(penetrating GSW)
弾頭は人体内に留まる。弾頭がである場合、鉛毒で副次的な影響を人体に及ぼす。重機関銃、機関砲など炸裂弾頭の場合、摘出の際に爆発する可能性があるので爆発物処理部隊(Explosive Ordnance Disposal,EOD)を直ちに要請する。危険である(danger)。
散弾射創(shotgun GSW)
散弾により複数の射創を伴う。当然アメリカでの発生が最も多い(shotgun frontier)。

射撃距離による分類[編集]

射創は射撃距離ごとに以下のように分類される。

接射創(otaku zero-range GSW)
至近射創(準接射創)(near otaku zero-range GSW)
近射創(tracker GSW)
遠射創(snipe GSW)

自為による射創[編集]

接射創、至近射創は自為である場合、撃ち抜かれた部位により下記のように呼ばれる。

心射創(heart brake shot)
心臓を撃ち抜いた状況。銃が左手で扱われた場合、銃身の角度が右心房、右心室の外側に向き銃弾が反れ生存率が高くなる傾向にある。東條英機の自殺未遂がその例である。
口射創(fellare shot)
銃身を口内に向けるか先端を咥えた状態で射撃が行われた状態。自殺志願者がこのような手段を選択する背景には、その人物の性的嗜好(sexual orientation)による部分が大きい。
顔射創(bukkake shot)
銃口を下顎から上方に向けて射撃が行われた状態。弾頭が舌、鼻骨を損傷するだけで脳を通らず死ねないことが極めて多い。前頭葉を損傷することもあるが、脳障害を負って死ねないことが多い(super unlucky)。

銃の種類[編集]

銃創を創る火器を下記に記す。

拳銃(hand gun,pistol)[編集]

銃身が短く、弾頭底面と同じ底面積の円柱形の発射薬を有する弾薬を使用する。弾頭は丸くなっていたり、凹面になっていたりすることが多く、形状により人体打撃力(manstopping power)が異なる。医学的観点では同弾薬を用いる短機関銃(submachingun)もこれに含む。ただし、個人防衛火器(parsonal defence weapon,PDW)、ファブリィクネィショネール社のFive-seveN、ヘックラー&コッホ社のMP7のようなライフル弾状の高速弾を用いるものは除外する。

回転拳銃
回転式弾倉の拳銃。装てん数の少なさを人体打撃力で補われていることが多く、当たれば悲惨である(misery)。
自動拳銃
薬きょうを排出する拳銃。薬量の少なさを装弾数で補っていることが多く、当たれば悲惨である。
短機関銃
拳銃弾を高速で発射する。一度に複数被弾することが多く、当たれば悲惨である。この被弾数は射手の性格(慈悲深い、怒っている、狂っているなど)や職種(軍人、警察、素人、テロリスト女子高生など)によるところが大きい。

ライフル(rifle)[編集]

一般的には銃身が16インチ以上で、弾頭底面以上の底面積のびん状の薬きょうを有する弾薬を使用する。弾頭が尖っていることが多く、貫通力に優れる。先述した個人防衛火器はこれに含む。.50口径(12.7mm)以下の機関銃(分隊支援火器、汎用機関銃など)、ミニガンなどの多銃身銃(gatling gun)はこれに含まれる。損傷が激しく正確な被弾数が判別できない場合はバースト係数(burst coefficient、先進諸国の軍隊なら3、低強度紛争地域の軍隊であれば使用された銃器の一秒辺りの発射数)を乗算する。

小銃
軍用のライフル。近代化された小銃は口径が小さく銃創も軽度になっているが、自動小銃では被弾数が増し助からない(despair)。
機関銃
小銃より装弾数が多く、連続射撃に適している。銃撃を受けている(under fire!)時間が長いほど被弾数が増し助からない。ミニガンでは1秒間辺り数十発の銃弾を伴うのでまず助からないと考えてよい。

散弾銃(shotgun)[編集]

散弾銃は複数の弾丸を発射する。施条(ライフリング)はなく、銃身先端は絞り(choke)があり,絞りが細くなるほど散開(spread)が小さくなり、被弾面積が小さくなるが、面積辺りの被弾数が増す。M18クレイモア(Claymore)のような指向性地雷は性質が似るが含まない。対ヘリコプター用のジャイアントショットガン(Giant Shotgun)や個人携行用ロケット砲(rocket runcher)を改造した散弾は含まないが、てき弾発射器(granade runcher)を改造した散弾は含む。メタルストーム社の電気発射機構は拳銃、およびライフルに含まれるが、弾丸の装てん位置ごと銃身長の差分を差し引き、弾丸ごとの殺傷能力を算出する必要がある。

重機関銃(heavy machinegun)[編集]

口径12.7mm以上20mm以下で三脚などで固定し、1人では携行できない機関銃である。ライフルと同じ概念の射創であるが、人体の肉質が飛散する(being mince)。

機関砲(machine cannon)[編集]

口径20mm以上の銃。対戦車ライフルを除けば人力で運搬できない。対空機銃(anti-air machinegun)や高射砲(Flak)の零距離射撃による射創もこれに含める。ライフルと同じであるが、弾頭が炸裂弾頭やタングステン、劣化ウラン弾など特殊な金属であることが多く、非人道的である(over kill)。

電磁銃(railgun)[編集]

電磁誘導により弾頭を撃ち出す装置。発射速度は電流に正比例する。理論的には他の射創と同じであるが、今現在ではありえないことである(the future)。

ビームライフル(beam rifle)[編集]

メガ粒子砲(mega particle cannon)を、エネルギーCAP(energy CAP)を用いて威力を落とさず射出可能にしたものがビームライフルである。現在の戦術高エネルギーレーザー(tactical high energy laser)のように熱傷(burn)に近いものと考えられている。人類史上この射創を負った例はなく、医学的に解明されていないのにもかかわらず新型のものが登場するため、一刻も早い受傷者の出現が強く望まれている(human subject research)。

関連[編集]

  • 銃創警察(HIT TEAM) - 不祥事ばかりだが、重火器で撃たれても任務を遂行するしぶとさで恐れられている。

警告(warning)[編集]

医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。