鍋焼きラーメン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
見た目からして美味しそうな鍋焼きラーメン。

鍋焼きラーメン(なべや-)とは、高知県須崎市の名物料理。鍋焼きうどんうどんラーメンにしただけといえばそれまでだが、とりあえずうまい

概要[編集]

須崎市では一般的な?ラーメン。昭和初期に「谷口食堂」(谷口とは関係無い)という食堂が開発した。近年、町おこしの目玉として積極的にPRされている。のだが、まだあまり知名度は低いような気がしなくもない。しかし関西では提供する店舗もあるらしく、少しはうまくいっているようである。

須崎市では鍋焼きラーメンを提供する店が多く存在する。重厚な印象を与える土鍋とあっさりした味がウリで、うまい

歴史[編集]

鍋焼きラーメンの誕生[編集]

谷口食堂のご主人だった谷口兵馬氏は、後まもなく須崎市に谷口食堂を開業した。ラーメンを作りたかったのだが、戦後ということで食料が無い。そこで近くで簡単に手に入るものを適当に混ぜることにした。それが「」「玉子」「ちくわ」「ニホンカワウソ(現在は絶滅)」「DHMO」「アレ」であった。

さらに近くにあった鶏屋から鶏ガラパクってわけてもらったり、廃鶏を使ったスープを作った。その後、お金がかかるのかどうかは知らないがチャーシューのかわりに鶏肉を使うようになった。

しかしこのままでは、ちょっといじくっただけのラーメンである。何故、鍋焼きになったのだろうか。それは、出前を始める際に、ラーメンが冷えないようにホーロー鍋に入れたのが始まりである。見た目がパッとしないという気もするが、そんなことは誰も気にしなかったのだろう。それにうまいものは外見だどうだろうと関係無いし。

谷口食堂の閉店[編集]

ナベラーマン。

その後、鍋焼きラーメンはその外見と中身と味のおかげで須崎市内で話題となった。また、当時は深夜(といっても日付を跨ぐことはないだろうが)までやっていたのでDQN若者のたまり場になっていた。

しかし、昭和50年にご主人は天国に引っ越してしまい、妻も5年後に天国に引っ越してしまったので、惜しまれつつ閉店することとなってしまった。閉店した理由は他にも、ニホンカワウソが絶滅してしまい、具を減らすしかなかったのも理由と言われている

その後[編集]

当時、谷川食堂で青春を送った若者たちが復刻させようと立ち上がり、徐々に鍋焼きラーメンを提供する店が増えていった。また、特に面白いものが無い須崎市で数少ないネタなので町おこしに使えると判断され、須崎名物鍋焼きラーメンプロジェクトXが始動。ついでにアンパンマンの絵描き師として有名なやなせたかしに協力を要請し、「ナベラーマン」というてんどんまんの頭をかえただけのようなキャラクターを誕生させた。

現在では須崎市の名物料理となっており、高知市内のお土産やさんでも目にすることができるようになっている。やっぱりうまい

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鍋焼きラーメン」の項目を執筆しています。


Dish.png この鍋焼きラーメンは、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)