出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

もしかして: key

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

(かぎ)とは、扉などに取り付ける飾りである。
形状の多くは、男性器女性器を模している。

伝統的な鍵

概要[編集]

「女性は、自分の性器とピッタリの性器を持つ男性にしか、心を開かない」という 自然法則を無生物に適用し造られたのがである。
多くの鍵には、雄(陰茎状の方)と雌(膣状の方)で構成される。雌は、しばしば鍵穴と呼称される(が、ここでは面倒なので雌と呼ぶ)。

歴史[編集]

起源[編集]

一説には、ドクター中松が発明し権利をIBMに譲渡したといわれているが、よくわからない。
天照大神が天岩戸に篭ったときに、(おそらく)鍵をかけていないことから、神話の時代には存在していなかったと考えられている。

神話の崩壊[編集]

鍵の発明後、鍵をかけることによって部外者の侵入、財産の盗難は防げるとされてきたが、そんなことはない。
鍵は、「女性は、自分の性器とピッタリの性器を持つ男性にしか、心を開かない」という自然法則をもとにしているが、多くの例外があるように(例外のほうが多いと思われる)、鍵も技術があればすぐに開いてしまう。これを鍵神話の崩壊と指摘する専門家(募集中)もいるが、これは、ある意味自然法則に則しているという考えが主流である。
学校教育や報道などでは鍵をかけることが防犯の第一歩とされているが、本気の泥棒さん(爆窃団など)には、とても太刀打ちできないので、せいぜい「開けないでください、お願いします。」程度のメッセージでしかない。また、便所の個室の鍵なども技術的に開けさせないなどということはなく「開けないでください、お願いします。」のメッセージである。

現代の鍵[編集]

技術の発展によりさまざまな鍵が登場することになる。
最先端の鍵(鍵の先端という意味ではない)は、雄・雌を持たない例が増えている。この現象は現代におけるセックスレスとまったく関係ない。むしろ、専門家(募集中)は環境ホルモンによる生殖能力低下との相関を指摘している。

生体認証[編集]

指紋、網膜、静脈などいといろあるが、結局は開く。

鍵の効果[編集]

  • 扉が少しおしゃれになる。
  • 泥棒へのメッセージ。
  • 鍵(雄)を持つことで一定の安心効果(「ちんぽをいじると落ち着く」という自然現象と同じ効果と思われる)がある。