鎌倉丼

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
鎌倉海老から転送)
移動先: 案内検索
Walkingmonkey.jpg
独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鎌倉丼」の項目を執筆しています。

鎌倉丼(かまくらどん)とは、鎌倉市B級グルメである。

概要[編集]

見てわかる通り、材料については妥協している。

作り方は簡単、ボイルした海老(鎌倉海老が望ましいが、経済的理由などで用意できなければボタン海老車海老ブラックタイガーなどでも十分美味しい筈である)の身を一口サイズに切り、カツ丼などの要領で(玉ねぎ等の香味野菜を添えると美味である)甘辛く煮たものを卵でとじ、半熟状態になったら火を止めて丼ご飯(麦飯を用いるとより一層味が引き立つ気がする)の上にふわりと乗せれば完成である(薬味として三つ葉を添えるとおしゃれアクセントになる)。もうちょっと凝ったものになると、海老を天麩羅またはフライあるいは唐揚げにしてから煮込むというひと手間を加えると食感が大きく変わって素晴らしい味わいが楽しめる。しかしグルメを気取った半可通が鎌倉海老は鎌倉海老でも、本当に鎌倉で獲れた鎌倉海老のみを使うことにこだわるのはやりすぎである。漁獲量が少ないため、伊勢で獲れた鎌倉海老よりも無駄に値段が張ってしまうのだが、伝統ならばしょうがない

鎌倉海老[編集]

鎌倉海老。たとえ伊勢海老に見えようと、鎌倉海老はあくまでも鎌倉海老である。

古来より鎌倉は海老の産地として知られており、鎌倉の海で揚がった海老を「鎌倉海老(かまくらえび)」と呼んで関東ではもちろん関西にまで流通し、広く愛されていた。ちなみに伊勢国でも同じ種類の海老が漁獲されていたものの、それでも当時はやはり「伊勢海老」ではなく「鎌倉海老」と呼ばれていたのであるが、それが「鎌倉海老」から「伊勢海老」と呼ばれるようになってしまったのは昭和年代以降であり、現在でも鎌倉の老人たちは「伊勢海老」を見ると「鎌倉海老」と呼んで珍重することがあるが、それはかつての栄光を懐かしむ負け惜しみなのである。しかし鎌倉で獲れる伊勢鎌倉海老は決して絶滅してしまった訳ではなく、現代でも年間1tほどの漁獲量があることを、鎌倉市民でさえ知らないほどに鎌倉の海老文化は頽廃してしまったのである。実に嘆かわしい話である(とか言いつつ、この記事を書いたヤツも勉強するまでその事実を全然知らなかったのである。指をさして笑ってやるべきである)。

海老カツ丼との違い[編集]

同じ料理を地域によっては「海老カツ丼」(特に海老フライを用いたもの)と呼称することもあるだろうが、郷に入れば郷に従えという諺もある通り、鎌倉ではこれを鎌倉丼と呼んでいるのであり、観光客の皆さんにはそのあたりの事情もろもろをお察しいただいた上で、決して「これってただの海老カツ丼じゃね?」などという適切かつ心ないツッコミを入れるのはご容赦願いたい、と思うのが鎌倉市民の心情である。

また、B級グルメと称していながらその材料がお世辞にもB級と言えないあたり、昨今のB級グルメブームに対する安易な便乗に過ぎないことは言うまでもない(が、鎌倉丼自体は結構昔から存在しており、鎌倉沿岸部の洋食屋では古くからメニューに並んでいる)。

参考文献[編集]

  • 鎌倉商工会議所 監修『改訂版 鎌倉観光文化検定 公式テキストブック』かまくら春秋社、2008年3月3日発行、ISBN978-4-7740-0386-3 C0026

関連項目[編集]